特集「なぜ特定の<男性>は痴漢に走るのか?」第3回

痴漢は「依存症」である~常習者の歪んだ認知「仕事を頑張ったから痴漢は許される」!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
痴漢は「依存症」である~常習者は「仕事を頑張ったから痴漢は許される」!?の画像1

「痴漢」は「依存症」である!(depositphotos.com)

 はじめて社会病理学的視点から「痴漢」を解析した『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)の著者である、大森榎本クリニック(東京都)精神保健福祉部長の精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏。

 痴漢の本質について訊く第3回のテーマは<痴漢を性依存症と捉える>。

仕事を頑張ったご褒美に痴漢!?

 会社に苦手なパワハラ上司がいる新人サラリーマン……。もう仕事を辞めたい、むしゃくしゃする、と思いながら電車に揺られていたら、手の甲が前に立っていた女性のおしりに触れた。

 その柔らかな感触を通して脳に電撃が走った。しばらく考えてバレないように、手の甲を電車の揺れに合わせて押し付けてみたが、女性は微動だにしない。これまでの日常では経験したことのない興奮が訪れ、パワハラ上司のことは頭から一瞬で吹き飛んだ――。

 これは『男が痴漢になる理由』で紹介される、痴漢を初めて経験した男性のモデルケースのひとつだ。こういったささいなきっかけから痴漢の常習者となっていく男性たちは、やがて修正し難い「認知の歪み」を持つようになる。

 それはたとえば、このような考えだ。

●露出の多い派手な服を着ている女性は痴漢されても仕方がない。

●最初はイヤがっていても多くの女性は痴漢されているうちに気持ちよくなる。

●女性は痴漢されたいという願望を持っている。

●今週も1週間、仕事を頑張ったから、自分は痴漢しても許される。

 まともな人には、とんでもない考えであることは明白だろうが、痴漢を行う者は本気でこう考えている。さらには、「自分は痴漢をした女性と一緒に電車を下りて、ホテルに行ったことがある」という信じがたいエピソードをネット掲示板に書き込む者もいる。

 真偽のほどが不明な逸話を読むことで、痴漢常習者の行動はさらにエスカレートしていく。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆