夫婦円満の秘訣は? 子持ちの既婚男女1000名の回答から「現代の夫婦像」を読み解く

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夫婦円満の秘訣は何? 子どもを持つ既婚男女1000名の回答から「現代の夫婦像」を読み解くの画像1

夫婦円満のための「たすけあい」とは?(depositphotos.com)

 10月15日の「たすけあいの日」、11月22日の「いい夫婦の日」を前に「夫婦の〝たすけあい〟に関する調査」が行われ、その集計結果が発表された。

 調査期間は2017年8月25日~29日までの5日間。対象者は日本全国に住む20歳~59歳までの、大学生までの子どもを持つ既婚男女で、有効サンプルは1000名となっている(日本生活協同組合連合会[略称:日本生協連])調べ)。

 このアンケート結果から見えてくる現代の夫婦像とはいかなるものだろうか?

雇用機会均等法から30年あまりがたっても「稼ぎは男性、家事や子育ては女性」

 アンケートを見ると、うまく助け合えている夫婦は7割弱。妻より夫の方が助け合えていると感じている傾向であった。また、自分たち夫婦は「円満」だと答えたのは6割半にのぼり、うまく助け合えている夫婦では円満夫婦は9割にのぼった。この結果から、夫婦の助け合いこそが夫婦円満の秘けつであるということが結果から浮かび上がってくる。

 では、どの点において、夫婦がうまく助け合えているか? その項目の1位となったのは「ゴミ出し」(51.0%)であった。なお2位は「買い物」(39.4%)で3位は「皿洗い」(37.2%)と続いている。10項目のうち家計の収入は33.6%で5位。しかも家庭の経済に関することはその項目しか出てこなかった。

 このように上位に家計の負担といったことが出てこず、身の回りの家事にまつわることばかりが項目として並んだということは、雇用機会均等法が施行されて30年あまりがたった現在も「稼ぎは男性、家事や子育ては女性」という傾向が未だに強いことを示しているのではないだろうか。

インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太