タブレットを使う7割以上が首・肩に凝りや痛み! 原因は「女性と姿勢」に!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タブレット使用者の7割以上が首や肩に凝り! リスク因子は「女性」と「姿勢」!?の画像1

タブレット使用者の7割以上が首や肩に凝り

 便利で使いやすいiPadなどのタブレットは、使い過ぎると「iPad首」「タブレット首」と呼ばれる首や肩の痛みの原因になることが知られている。

 今回、新たな研究で、これらの症状は、タブレットを使用する時間の長さよりも、「女性であること」と「使用時の姿勢」が重要なリスク因子である可能性が示された。詳細は『Journal of Physical Therapy Science』(6月12日オンライン版)に掲載されている。

タブレットを使う7割以上が首や肩に痛み

 この研究は、米ネバダ大学ラスベガス校(UNLV)の研究グループが実施したものだ。

 研究では、タッチスクリーン式のタブレットを日常的に使用している大学の学生や教職員、卒業生の412人(うち男性135人)を対象に、タブレットの使用状況や使用時の姿勢、「首」や「肩」の症状について横断調査を行った。

 その結果、参加者の67.9%がタブレット使用時に「首や肩の痛み」を訴えており、その部位は「首(84.6%)」「肩や上背部(65.4%)」「腕や手(33.6%)」「頭部(15.0%)」の順だった。

 症状には「凝り(74.3%)」が最も多く、「ひりひりとした痛み(48.1%)」「鈍い痛み(42.5%)」も見られた。これらの症状は参加者の約55%が「中程度」としていたが、「重度」とする回答も10%を占め、15%は「睡眠に支障が出ている」と回答していた。

 また、首や肩の症状は「高齢者」よりも「若者」に多く、首や肩の痛みを経験したことがある人で多かった。しかも、症状を訴える人の割合は、男性に比べて女性が2倍にものぼることも分かった。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆