タブレットを使う7割以上が首・肩に凝りや痛み! 原因は「女性と姿勢」に!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タブレット使用者の7割以上が首や肩に凝り! リスク因子は「女性」と「姿勢」!?の画像1

タブレット使用者の7割以上が首や肩に凝り

 便利で使いやすいiPadなどのタブレットは、使い過ぎると「iPad首」「タブレット首」と呼ばれる首や肩の痛みの原因になることが知られている。

 今回、新たな研究で、これらの症状は、タブレットを使用する時間の長さよりも、「女性であること」と「使用時の姿勢」が重要なリスク因子である可能性が示された。詳細は『Journal of Physical Therapy Science』(6月12日オンライン版)に掲載されている。

タブレットを使う7割以上が首や肩に痛み

 この研究は、米ネバダ大学ラスベガス校(UNLV)の研究グループが実施したものだ。

 研究では、タッチスクリーン式のタブレットを日常的に使用している大学の学生や教職員、卒業生の412人(うち男性135人)を対象に、タブレットの使用状況や使用時の姿勢、「首」や「肩」の症状について横断調査を行った。

 その結果、参加者の67.9%がタブレット使用時に「首や肩の痛み」を訴えており、その部位は「首(84.6%)」「肩や上背部(65.4%)」「腕や手(33.6%)」「頭部(15.0%)」の順だった。

 症状には「凝り(74.3%)」が最も多く、「ひりひりとした痛み(48.1%)」「鈍い痛み(42.5%)」も見られた。これらの症状は参加者の約55%が「中程度」としていたが、「重度」とする回答も10%を占め、15%は「睡眠に支障が出ている」と回答していた。

 また、首や肩の症状は「高齢者」よりも「若者」に多く、首や肩の痛みを経験したことがある人で多かった。しかも、症状を訴える人の割合は、男性に比べて女性が2倍にものぼることも分かった。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太