「骨/関節」の記事一覧

「理想的な姿勢」は存在しない~「同じ姿勢を続けること」が病気のリスクに

前回、腰痛と姿勢の関係、「そもそも良い姿勢とは何か」ということを説明した。今回はより具体的に、腰痛と良い姿勢の関係について考えていきたい。 たとえば、米国整形外科学会(AAOS)では、仕事中に腰痛を感じたらオフィスの椅子や座り方に問題がないか点検するべきあり、それには次…続きを読む

「理想的な姿勢」は存在しない~「同じ姿勢を続けること」が病気のリスクに

不適切な治療が“ぎっくり腰”を慢性腰痛に! 完治には「視点を変える」

多くの現代人を悩ます「腰痛」。腰痛にはさまざまな原因、病態があり、全て原因も治療方法も異なる。そして、腰痛の85%が"原因不明"といわれている「非特異性腰痛」。「画像所見で異常が見られない腰痛」と定義されているものだ。 そのなかでも、厄介な「慢性非特異性腰痛」を知るには…続きを読む

不適切な治療が“ぎっくり腰”を慢性腰痛に! 完治には「視点を変える」

ランドセルも危険? リュックサックで「背中や首に痛み」を訴える子どもが急増

背中に背負うカバン、いわゆるバックパックやリュックサックは、今季も注目されている"ファッションアイテム"。通学やレジャーにかぎらずタウンユースでも、カバンのトレンドだ。 これまで"子どもっぽい"と敬遠されがちだったが、カジュアルファッションにかぎらず、通勤時のジャケッ…続きを読む

ランドセルも危険? リュックサックで「背中や首に痛み」を訴える子どもが急増
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆