インタビュー「体調不良の原因は『首こり病』のせい」前編:東京脳神経センター・松井孝嘉理事長

うつっぽい、疲れやすいなどの不定愁訴はスマホによる「首こり病」が原因!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
うつっぽい、疲れやすいなどの不定愁訴はスマホによる「首こり病」が原因!?の画像1

不定愁訴は「首こり」が原因!?(depositphotos.com)

 体がだるい、頭が重い、フラツキがある、寝付きが悪い、気分が沈むなどの「不定愁訴」は、どの診療科を回っても確たる診断が下されず、最後には心療内科へたどり着くことが多い。しかし心療内科でも、睡眠薬や安定剤などが処方される対処療法がなされるだけで、根本治療とはほど遠いのが現状である。

 こうした不定愁訴の根底には、実は「首こり」があるのだという。専門的には頚筋(けいきん)が異常を起こすことで、副交感神経の働きが鈍くなるという。世界で初めて「首こり病」(頸性神経筋症候群)の診断法と治療法を確立した、東京脳神経センター・松井孝嘉理事長に話しを聞いた。

首の筋肉の異常が、うつ状態や不定愁訴を招く

 電車に乗っていると、ほとんどの人がうつむいてスマホを見ている。パソコンを見る際も、たいていの場合、下向き加減になる。これは首の筋肉の使いすぎを招き、副交感神経が働かなくなり不定愁訴につながるのだという。

 「首の筋肉が異常を起こす原因には、主に3つある。1つめは、頭を打つ、むちうちなど外傷によるもの。2つめは、スマホやパソコンなどを長時間使うことによる首の使いすぎ。3つめは、元々首の筋肉が弱かったり、猫背などによるものだ」と松井理事長。

 そしてスマホによる弊害を以下のように説明する。

 「スマホが登場した頃から、首の筋肉に異常が見られる人が激増した。首の筋肉は、ある程度までは使いすぎても元の状態に戻るが、一定レベルを超えると固くなって伸び縮みできなくなってしまう。診察時に、骨や鉄のように首の筋肉が固くなっている人をよくみるが、ここまでくると元には戻らないので治療が必要になる。アメリカでもスマホの普及と比例するように10代・20代の若者の自殺率が急増しているが、その原因がわからないため問題になっている」

 首の筋肉の異常が起きるのは、首の後ろ側にある太い筋肉。うつむきがちの姿勢を続けると、首をまっすぐにしている状態より、およそ3倍も首に負担がかかるのだという。ちなみに、頭の重さは平均的なボーリングの玉と同じ6キロ前後。頭を支える首が、うつむき姿勢のおかげで過度な負担にさらされているのだ。

 ではどうして、首を使いすぎると不定愁訴につながるのだろうか?

 「首を使いすぎて首の筋肉がこると、副交感神経がうまく働かなくなる。副交感神経とは、睡眠や入浴時などに活発になり、体をリラックスさせる自律神経。どうして首がこると副交感神経の働きが低下するのか、そのメカニズムはまだよくわかっていないが、臨床上、多数の症例で確認はできている。副交感神経がうまく働かなくなると、眠りが浅い、寝付きが悪い、疲れやすい、気分が落ち込む、やる気が出ないなどの症状が現れる。重度になると、うつ状態となり、重症になるとほぼ全員が自殺念慮を持つことも分かって来ている。これらの症状は他の疾患でも起こりえるため、誤診されている例がとても多い」

 本当は首こりが原因なのに、他の疾患だと誤診されているものには、うつ病、頭痛、めまい、パニック障害、血圧不安定による脳内出血、慢性疲労症候群、更年期障害、胃腸障害、ドライマウス、ドライアイなどがあるという。

 次のページでは、首こり病を起こしている人の特徴や見分け方について解説する。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆