高齢者の腰痛に社会的格差との深い関連指摘 慢性腰痛の原因となるストレス

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img_1560860041.jpg

腰痛と所得や教育レベルと関係する!?

「頭痛がする」「足腰が重い」「起き上がるのが辛い」「立ち上がる時に腰や背中が痛む」。日本人の腰痛の生涯有病率はなんと83%! 体幹筋機能の低下は腰痛の発症やQOLの低下につながる。特に高齢になればなるほど、腰痛は深刻化する。

 東北大学大学院国際歯科保健学の杉山賢明氏らの研究グループは、「日本人の高齢者の腰痛の有訴率は、社会経済的な格差がある可能性がある。教育レベルが低く、所得が低いほど腰痛の有訴率が高い」とする研究成果を「International Journal for Equity in Health」1月21日号に発表した。

 腰痛は、筋力の低下などの身体的要因に加え、社会的な役割の衰退などの心理的要因が関連するが、教育歴や所得による有訴率の差は不明だった。

 研究グループは、2013年に日本老年学的評価研究(JAGES)のアンケートに回答した65歳以上の自立した生活を送っている高齢者2万6,037人を対象に社会経済的状況と腰痛の有訴率との関連を調べた。

 その結果、対象者の63.4%が過去1年間に腰痛を有していたことが判明。対象者を教育歴(9年以下、10~12年、13年以上)によって3群に分けて比較したところ、最も短い群の腰痛の有訴率は、教育歴が最も長い群よりも1.07倍高かった。

 最も長く従事した職業(「専門職」「事務職」「肉体労働職」「就労経験なし」)によって4群に分けて比較すると、肉体労働に就いていた群の有訴率は専門職に就いていた群よりも1.06倍高かった。

 また、対象者を所得によって4群に分けて比較したところ、最も低い群の腰痛の有訴率は所得が最も高い群よりも1.16倍高かった。

 さらに、現在の資産によって5群に分けて比較しても、最も低い群の有訴率は資産が最も高い群よりも1.18倍高かった。

 研究グループは「高齢者の腰痛の有訴率に社会経済的な格差があるため、社会経済的な格差の関連因子を考慮した抜本対策が必要だ」と説明している。

 つまり、高齢者の腰痛は、教育歴、職歴、所得、資産などの格差に深い関連があると指摘した。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆