中高年の2割が日常生活に支障〜気になる<メタボ率>40代独身男性は既婚者の約2倍

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中高年の2割が日常生活に支障〜気になる<メタボ率>40代独身男性は既婚者の約2倍の画像1

ADL障害を抱える人の43%が関節炎(depositphotos.com)

 日々の食事や服の着替え時、場所を移動する際や入浴時、あるいは排泄などの必要不可欠な日常生活動作(ADL:Activities of Daily Living)に支障はないだろうか――。

 もし、暮らし上で困難を伴なう動作が1つ以上思い当たる場合を「ADL障害」と定義して、中高年(50代~60代前半の米国人男女)の実態を解析する研究が米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)医学部のRebecca Brown氏らによって実施された。

 対象は、中高年のコホート研究(HRS:Health and Retirement Study)に「機能障害なし」の状態で登録した当時50~56歳の男女6874人。その結果、最長例20年間の追跡期間中に、50~64歳の研究対象者の22%にADL障害が認められた。

 また、ADL障害を抱える層の16%が、その後10年間でよりADLを低下させており、19%は死亡していた。困難を伴なう3大動作では、①着替え(14%)、②移動(11%)、③入浴(7%)の順だった。

40代独身男性のメタボ率は既婚者の約2倍

 報告では障害の具体的な原因には言及していないが、ADL障害を抱える人の「43%に関節炎がみられた」点に触れている。一方で注目したいのが、「肥満者が(それと)同程度の割合を占めていた」という部分である。

 この『Annals of Internal Medicine』(11月14日オンライン版)に掲載されたBrown氏らの報告の2週間程前、東京慈恵会医科大学大学院健康科学の和田高士教授らが興味ぶかい調査結果を報告した。

 「第38回日本肥満学会」で発表された和田教授らの調査内容は、メタボリック症候群(メタボ)が発症しやすくなる「40代男性」に焦点を当て、婚姻状況の違いによるメタボならびに構成因子の違いを明らかにし、その原因を探るという初の試みだ。

 調査対象は、2015年に東京慈恵会医科大学附属病院人間ドッグを受けた「40代男性」2113人。内訳は、既婚者が1672人、単身赴任者が131人、(離婚者も含む)独身者が310人。

 質問票への回答と検査結果から比較分析した結果、同じ40代男性陣でもメタボ該当率は「独身者が22.9%」を占め、「既婚者(11.3%)の約2倍」という数値が読み取れた。

 メタボ予備軍では独身者(16.8%)と既婚者(17.5%)で大差が見られず、単身赴任者の場合はメタボこそ9.9%に留まったものの、予備軍は22.1%と要注意の首位を占めた。

年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

Doctors Select

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫