怪我から復帰&電撃移籍の川崎フロンターレ齋藤学選手 実は“健康オタク”だった!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
怪我から復帰&電撃移籍の川崎フロンターレ齋藤学選手 実は健康オタクだった!?の画像1

健康管理に並々ならぬ努力を払う川崎フロンターレの齋藤学選手(depositphotos.com)

 右ひざ前十字靭帯損傷の大ケガをしながらも、奇跡の回復で復帰を果たしたJリーグ、川崎フロンターレの齋藤学選手。治療の最中、横浜F・マリノスからの移籍を決断、さまざまな環境の変化を乗り越え、現在はフロンターレで気持ちを新たに次なる目標に取り組む。

 10月20日のヴィッセル神戸戦では、移籍後、リーグ戦初となるゴールを決めた。そんな齋藤選手に、昨年の右ひざ前十字靭帯損傷時の治療やリハビリ、また普段、体調管理の面で気をつけていることなどについて聞いた。

キャリアのなかでもっとも大きな怪我との戦い

 昨年9月23日、ヴァンフォーレ甲府戦で負傷し、右ひざ前十字靭帯損傷で全治8カ月の見込みと診断された齋藤選手。通常、損傷した前十字靱帯が自然に癒合することはないため、選手としてのスポーツ復帰を目指す場合、靱帯の再建手術が必要だった。

 その後、わずか5カ月半で復帰を果たすが、その裏にはさまざまな努力があった。怪我について尋ねると、「ピッチに立てるところまで持っていけたのは、いろんな人の助けがあったからです。8カ月と言われたのが5カ月半で復帰できたのはよかったかなって。その後の試合での結果どうこうというのは僕の問題なので、怪我は関係ないです」と前を向く。

「前十字靭帯を損傷した後はほかにも影響が出やすく、たとえば今は逆足の膝が良くないです。チームトレーナーが治療を見るというのがサッカー選手の基本的なかたちなんですが、もともと体のケアには力を入れているほうなので、結構、僕は仲良くしていた先輩が通っている、ほかの治療院のなかで興味を持ったところも積極的に利用するようにしています」

 齋藤選手は、治療に対する工夫をこう明かす。

「特に前十字靭帯をケガしてからは本当にいろんなことを試しました。さまざまなマッサージ、鍼灸、カイロプラクティスなど、できる限りのことを行って、その道のトップと呼ばれる人たちのもとには一応足を運んで、なるべく多くの話を聞くようにしました」

 今年6~7月のFIFAワールドカップ・ロシア大会へ、なんとしても出場したいという思いもあり、早期回復への願いは強く、復帰まで8カ月と宣告された時も、「僕は5カ月で治して、ワールドカップの選考に入るというところを目標に持っていました。そこの逆算をずっと考えて、そのなかで移籍があったりはしましたけど、思惑通り5カ月半で練習試合に出ることができました」と振り返る。

 早期の回復が実現した理由については、こう回顧する。

「とにかく一日一日良くなってさえいけば、目標とする時期に戻ってくることはできるだろうなと思っていました。日頃のチームのトレーナーの治療も大事だし、クラブを離れてから、自分が知っているところでの治療とか、自己管理も大事にしました。クラブのトレーナーが計画を立てて、『今日これができたら、明日これをやろう』『これくらい回復したら、これをやろう』というメニューがあって、それはだいたい8カ月で回復できる目安でつくられているものでした。僕はそれをちょっとずつ早めていく努力をしました。ジョキングなどは、手術後2カ月でできると言われたのに、1カ月で始めたんです」

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇