「脳/神経」の記事一覧

世界初! 脳死の延命治療55日後に1kgの低体重児を無事に出産!

母親が脳死状態でもお腹の赤ちゃんは育ち、出産ができるものなのか? 4月20日付けのAFP Newsによれば、昨年末、ポーランド南部のウロツワフ大学病院で女性(41)が脳腫瘍で脳死した。この女性は、55日間の延命治療を受けながら、今年1月、妊娠26週目に男児を帝王切開で出…続きを読む

世界初! 脳死の延命治療55日後に1kgの低体重児を無事に出産!

春先に頻発する「めまい」はなぜ怖い?〜症状が「ぐるぐる感」か「ふわふわ感」で病気の原因も違う

季節の変わり目は、自律神経が乱れやすい。とくに、桜が咲き競う春先は、就職、転職、転勤、転居、結婚など、生活環境が急変しがちなので、毎日の健康管理、ストレス・コントロールに気づかう日々が続く。花粉症も悩ましいが、めまいや耳鳴りに苦しむ人も多くなる。 めまいは、「ぐるぐるめ…続きを読む

春先に頻発する「めまい」はなぜ怖い?〜症状が「ぐるぐる感」か「ふわふわ感」で病気の原因も違う

繰り返しが「神経」を鍛える! あらためて判明した「麻痺」から回復する科学的メカニズム

米国の科学誌『Journal of Neuroscience』(2016年1月13日号)に興味深い研究が発表された。“運動を繰り返すことで「神経」を鍛える”という、これまで経験上わかっていたことが科学的に裏付けされたのだ。 その研究タイトルは「Causal Link b…続きを読む

繰り返しが「神経」を鍛える! あらためて判明した「麻痺」から回復する科学的メカニズム
精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛