「脳/神経」の記事一覧

脳内のGPS「グリッド細胞」が若者の“アルツハイマー脳”を解明する!?

現在、世界で2400万人近くの人々が患うという認知症。中でも増加傾向にあるアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)の予防と治療に関する研究は、現代医学の重要なテーマのひとつだ。 その分野で大きな可能性を秘めていると言われるのが、脳内でGPSのように位置情報を割り出す…続きを読む

脳内のGPS「グリッド細胞」が若者の“アルツハイマー脳”を解明する!?

運転中に起きる心臓と脳の病気! 高血圧の治療が「交通事故死傷者」を減らす

自動車運転中の急激な体調の変化による交通事故は、軽視できないほど高い割合を占めています。交通事故防止の観点から見ても、高血圧の改善が求められているのです。 皆さんの中にも高血圧の方がいらっしゃるかと思います。高血圧とは収縮期血圧が140mmHg以上、あるいは拡張期血圧が…続きを読む

運転中に起きる心臓と脳の病気! 高血圧の治療が「交通事故死傷者」を減らす

脳卒中・心筋梗塞の発症が高い曜日は? 週末の過ごし方で「死の病」を防ぐ

憂うつな月曜日は、脳卒中をはじめさまざまな病気のリスクが高いshutterstock.com 春の大型連休はとうに終わり、向こうしばらくは祝日がないことに気づいてドンヨリ......。連休のあるなしに限らず、常に休日の後にやってくるのが「ブルーマンデー」、いわゆる「憂鬱…続きを読む

脳卒中・心筋梗塞の発症が高い曜日は? 週末の過ごし方で「死の病」を防ぐ
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志