「脳/神経」の記事一覧

運転中に起きる心臓と脳の病気! 高血圧の治療が「交通事故死傷者」を減らす

自動車運転中の急激な体調の変化による交通事故は、軽視できないほど高い割合を占めています。交通事故防止の観点から見ても、高血圧の改善が求められているのです。 皆さんの中にも高血圧の方がいらっしゃるかと思います。高血圧とは収縮期血圧が140mmHg以上、あるいは拡張期血圧が…続きを読む

運転中に起きる心臓と脳の病気! 高血圧の治療が「交通事故死傷者」を減らす

東京五輪の"おもてなし"を支えるタクシー業界が高齢化! 負担のない環境整備を

2020年、東京オリンピックが開催されます。招致活動の最終プレゼンテーションでは、「東京のタクシーは世界一親切です」というアピールがありました。確かに諸外国と比べるとそうかもしれません。今回はタクシーの重大事故を減らすにはどうすればいいか、考えてみましょう。他分野よりも…続きを読む

東京五輪の

つらい慢性腰痛の本当の原因はストレス!? 「気のせい」ではない、心因性の痛みとは?

「腰痛でさあ......」と話すと、わらわらと「自分も腰痛だ」という人が現れる。40歳代から60歳代のうち、約4割が腰痛に悩んでいるのだから、腰痛の話に、自分の腰痛の話で返される率は極めて高い。 病院に行っても「異常なし」と言われ、痛み止めを処方されるだけで根本的には治…続きを読む

つらい慢性腰痛の本当の原因はストレス!? 「気のせい」ではない、心因性の痛みとは?
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子