「脳/神経」の記事一覧

【閲覧注意】巨大血腫で脳が変形~脳出血が起きると脳はこうなる

「高血圧性脳出血」は「脳卒中」全体の15%を占める。高血圧による「脳動脈穿通枝(細い脳内枝)」の血管壊死と、それで生じた小動脈瘤の破裂が原因となる。 減塩(=食事指導)や高血圧治療によって減少傾向にはあるものの、「高血圧」はいまだ関心の薄い人が多い。近年は高齢者ばかりで…続きを読む

【閲覧注意】巨大血腫で脳が変形~脳出血が起きると脳はこうなる

「片頭痛」を予防する最新装置の効果は? 磁気で脳の興奮を抑制 米食品医薬品局(FDA)も承認

米メイヨークリニック神経学のAmaal Starling氏らの研究チームは、患者が自宅で使用できる携帯型の単一パルス経頭蓋磁気刺激(sTMS)装置「SpringTMS」が片頭痛の予防に有効であるとする研究結果を『Cephalalgia』3月4日オンライン版に発表した。 …続きを読む

「片頭痛」を予防する最新装置の効果は? 磁気で脳の興奮を抑制 米食品医薬品局(FDA)も承認

ADHDのドライバーは事故死が多い?トレーニングアプリで危機感知能力を改善

日本では20年ほど前から社会的な注目を集めるようになった発達障害の一つ「ADHD(注意欠如多動性障害)」。注意不足でそわそわと落ち着きがなく、突然気分が変わりやすい、キレやすいなどの特徴がある。 生まれつき脳内の神経伝達物質のバランスが悪いため、中枢神経の機能に何らかの…続きを読む

ADHDのドライバーは事故死が多い?トレーニングアプリで危機感知能力を改善
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆