連載「頭痛の秘密がここまで解き明かされてきた」第24回

危険な猛暑による熱中症と頭痛の関係〜熱中症予防の3つの基本

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
危険な猛暑による熱中症と頭痛の関係〜熱中症予防の3つの基本の画像1

熱中症から自分を守るべき3つの予防策とは?(depositphotos.com)

 今年の暑さは、多くの報道からすでにご存知のように、記録的な暑さになっています。2018年7月の平均気温は過去最高温になったと気象庁が発表。今後のしばらく危険な暑さが予想されています。

 このような猛暑のために、高齢者や乳幼児・小児など健康弱者だけでなく、炎天下でスポーツをしている人、海などでレジャーを楽しんでいる人が熱中症を起こして救急搬送されています。今年の夏は、水分管理や体調管理には、万全な対策が必要です。

 熱中症とは「暑熱環境における身体適応の 障害によって起こる状態の総称」とされており、 通常の脱水症である「体の水分である体液が不足した状態」とは区別して考えるのが一般的です。

 そこで今回は「猛暑の夏と頭痛」について取り上げたいと思います。

頭痛と熱中症の関係

 外気温が37度を超えると、体温より高い状態となります。この状態は、呼吸をするだけで肺に吸い込んだ空気で、身体の体温が上昇してしまいます。すなわち、呼吸するだけで身体に熱がこもってしまいます。

 このような異常な高気温に長時間さらされると、身体は体温を下げるために、汗をかいて体温を下げようとします。そのため身体から大量の水分が失われます。失われた水分が一定量に達すると、全身倦怠感、頭痛、嘔吐などの症状を生じさせます。

 このように熱い日に、なんとなくしんどい、だるい、頭がボーっとする、頭痛がするなど、「夏バテ」のような症状が出てきた時は要注意です。

 「熱中症ガイドライン」では、症状を3段階に分類(Ⅰ度〜Ⅲ度)しており、頭痛や嘔吐の症状が出てくる場合はⅡ度となり、医療機関を受診する必要があるとしています。また、診察・検査等によって中枢神経や腎臓・肝臓まで障害を来している場合はⅢ度となり、入院加療の考慮を推奨しています。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子