「脳/神経」の記事一覧

ジョギングしすぎで性機能が低下……月200kmで「低テストステロン症」に!?

深まる秋、青空の下で身体を動かすのが気持ちよい季節になった。運動不足を解消するためにウォーキングを始めた人もいれば、「今シーズンは、あのレースに出よう」とトレーニングにますます熱が入る市民ランナーも多いことだろう。 熱心なランナーには、1シーズンに何度もフルマラソンやハ…続きを読む

ジョギングしすぎで性機能が低下……月200kmで「低テストステロン症」に!?

声優・田中一成さんの命を突然奪った脳幹出血 40~50代を襲う後遺症の恐怖

昨年10月10日、声優・田中一成さん(享年49)が「脳幹出血」で亡くなった。既婚者にして二児のパパでもあった彼の半生を突如奪った「脳幹出血」は、予測不能なじつに恐ろしい病だった。 洋画やアニメ作品が人一倍好きな少年として育ち、いつの頃からか「吹替えものに出てみたい」と考…続きを読む

声優・田中一成さんの命を突然奪った脳幹出血 40~50代を襲う後遺症の恐怖

『セサミストリート』に「自閉症の少女」が登場~発達障害への理解は進むか?

最近マスコミで取り上げられる機会が増えた「発達障害」。書店でも発達障害に関する本が、目立つ場所に並べられている。 発達障害が注目を集める一方で、言葉だけが独り歩きをしていないだろうか? 学校や職場で、自分たちとどこか様子が違う人を「あれは発達障害だね」と決めつけたり、…続きを読む

『セサミストリート』に「自閉症の少女」が登場~発達障害への理解は進むか?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆