「脳/神経」の記事一覧

繰り返し見る夢は深層心理の警告! 脳科学が「夢は何でできているか?」を究明する日

いったい夢とは何からできているのか? 繰り返して夢を見るのは、何らかの意味があるのか? 最新の研究報告を紹介する。 「人間50年下天の内をくらぶれば夢幻の如くなり。ひとたび生を享け滅せぬもののあるべきか」(人間世界は一瞬の夢のようなもの。命あるものはすべて空しく滅びてし…続きを読む

繰り返し見る夢は深層心理の警告! 脳科学が「夢は何でできているか?」を究明する日

ギラン・バレー症候群の名付け親は?〜年間およそ2000人もの日本人が苦しんでいる難病の正体

病名や症候群名は、発見者自身が名付け親になるよりも、後世の人たちが発見者の功績を再評価したり、エビデンスを再認識して名付ける場合が少なくない。 ギラン・バレー症候群も、フランス人医師のジョルジュ・チャールズ・ギランとジャン・アレクサンドル・バレーの名前を冠して誕生した。…続きを読む

ギラン・バレー症候群の名付け親は?〜年間およそ2000人もの日本人が苦しんでいる難病の正体

熊本地震「エコノミークラス症候群」で死者~“ふくらはぎ”が生死の明暗を分ける

4月14日に発生した「熊本地震」による余震が続く中、18日に熊本市西区内の車中で避難生活を続けていた51歳の女性が脳動脈血栓塞栓症で亡くなった。 いわゆる「エコノミークラス症候群」による初の死者だ。NHKによると、熊本県下の医療機関には18日時点で少なくとも18人がエコ…続きを読む

熊本地震「エコノミークラス症候群」で死者~“ふくらはぎ”が生死の明暗を分ける
年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫