たった一晩の睡眠不足が肥満の原因に? タンパク質が筋肉を分解して脂肪を蓄積!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たった一晩の睡眠不足が肥満の原因に? 増減した蛋白質が筋肉を分解し脂肪として蓄積の画像1

たった一晩の睡眠不足が肥満の原因に?(depositphotos.com)

 たった一晩でも睡眠不足になると「肥満」につながる、そのメカニズムの一端を解明した――。

 このような研究論文を、米ノースウェスタン大学のJonathan Cedernaes氏らが『Science Advances』(8月22日オンライン版)に発表した。

 健康な男性が一晩徹夜するだけでも、骨格筋は分解されて、脂肪が体に貯め込まれることが遺伝子レベルの解析で示唆されたというのだ。

 これまで多くの研究で、不眠や夜勤などで睡眠不足になると、肥満や2型糖尿病などの発症リスクが高まることが報告されている。

 当サイトでも、「睡眠障害が治れば糖尿病も改善する!? 『睡眠』と『血糖値』の因果関係が明らかに」「睡眠時間に関係なく『夜更かし』は糖尿病の引き金に? 認知症、筋肉量の減少もリスク上昇!」
と報じてきた。

 しかし、これに関する分子レベルでのメカニズムは、ほとんど分かっていなかった。つまり、これらの代謝性疾患リスクが上昇するのは、睡眠不足が直接的な原因なのかどうか、これまで解明されていなかったのだ。

タンパク質が筋肉を分解し脂肪の蓄積を促す

 Cedernaes氏らは今回、平均年齢22.3歳の健康な男性15人に研究室に2泊してもらい、一晩徹夜すると遺伝的または生理学的に代謝がどのように変化するのかを調べる実験を行った。

 まず、参加者には1日目の晩に8.5時間の睡眠を取ってもらった。2日目の晩には、「一晩中眠らずに徹夜してもらう群」と「8.5時間の睡眠を取る群」に分けて比較した。

 実験3日目の朝には、皮下脂肪と骨格筋の組織のサンプルを採取して、遺伝子や蛋白質の発現量を調べた。

 その結果、一晩徹夜すると皮下脂肪組織では、代謝に関与するDNAのメチル化が広範に起こっていた。

 一方、骨格筋組織では、こうした変化は見られなかったものの、「概日リズム」に関与する遺伝子の発現量が増えたほか、増減したタンパク質それぞれの役割から見ると筋肉を分解し、脂肪の蓄積を促すような変化が起こっていると考えられたという。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆