「病気」の記事一覧

糖尿病は「貧困病」か、誰でも発症する「国民病」か?

WHO 2016年4月の予測によると、世界の糖尿病有病者はおよそ4億2,200万人。2025年までにおよそ7億人以上に達する見込みで、4億2,200万人のうち、約2分の1はワースト5ヵ国(中国、インド、米国、ブラジル、インドネシア)に集中。2025年までに男性の18%、女性…続きを読む

糖尿病は「貧困病」か、誰でも発症する「国民病」か?

まさに『セックス・アンド・ザ・シティ』!別れと復縁でカップルの精神的ダメージは?

米国の連続テレビドラマ『フレンズ』のロスとレイチェル、あるいは『セックス・アンド・ザ・シティ』のキャリーとミスター・ビッグのように、「別れても復縁するのを繰り返すカップル」は情緒不安に陥りやすい――。 そのような研究が、米ミズーリ大学のKale Monk氏らによって示唆…続きを読む

まさに『セックス・アンド・ザ・シティ』!別れと復縁でカップルの精神的ダメージは?

炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」

このところ、各飲料メーカーが新しい炭酸水商品を投入している。かつてウイスキーなどの割材として消費されていた無糖炭酸水が、直接飲みの商品として市場を急速に拡大している。「第二次炭酸ブーム」という言葉さえ聞こえてくる。 しかし、炭酸水という言葉や商品名が急速に広がる中で、そ…続きを読む

炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆