「病気」の記事一覧

シートベルトとの接触で痛み、腸と皮膚の境界から出血…気づかれにくい「人工肛門」の苦労

最近、東京都内を歩いていると、よく見かけるようになった「ヘルプマーク」――。 赤字に白色で「十字」と「ハート」をあしらったこのマークは、義足や人工関節を使用している人、内部障害や難病の患者、精神障害や知的障害、または妊娠初期の人などに、ステッカーやストラップなどにして配…続きを読む

シートベルトとの接触で痛み、腸と皮膚の境界から出血…気づかれにくい「人工肛門」の苦労

大酒飲みは「若年性認知症」のリスクが高い!患者の半数以上がアルコール使用障害と判明

日本の65歳以上の「認知症」の患者数は約462万人(2012年)。一方、「若年性認知症」は、40歳から64歳に発症した「初老期認知症」に18歳から39歳までに発症した「若年期認知症」を加えた認知症。つまり、65歳未満で発症する認知症の総称だ。 若年性認知症は、高齢者の認…続きを読む

大酒飲みは「若年性認知症」のリスクが高い!患者の半数以上がアルコール使用障害と判明

気をつけたい「夕暮れ太り」! 夕方から夜は過食に走りやすい魔の時間帯

「オリンピックには魔物がいる」とは、アスリートたちの間でよく口にされる言い伝え。現状より多少なりとも「痩せたい」と望む人々には、どうやら「日没後」が要注意の時間帯のようだ。 夕方から夜にかけては(他の時間帯に比べ)食べ過ぎてしまう危険性が増す――。そんな可能性が肥満者た…続きを読む

気をつけたい「夕暮れ太り」!  夕方から夜は過食に走りやすい魔の時間帯
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛