「病気」の記事一覧

その症状、花粉症ではなくPM2.5かも  重症化を避ける予防法とは

春に多い、喉の痛みや目の痒み、くしゃみや咳の多さは花粉のせいばかりではない。この時期に飛来する「PM2.5」の影響も少なくないからだ。 PMとは、「Particulate Matter(粒子状物質)」の頭文字をとったもの。PMは肺がんや喘息の一因とされ、PMの濃度が高…続きを読む

その症状、花粉症ではなくPM2.5かも  重症化を避ける予防法とは

人と一緒に食事ができない! 「会食恐怖症」に悩む人たちに伝える、その克服法とは

もしあなたが、「会食恐怖症」という、病名を聞いたことがあるのなら、よほど精神医療の最新のトピックスに詳しいか、あるいは自身が会食恐怖症の当事者であるかのどちらかだろう。 自分がその病気に該当する身でありながら、この病名を知らないために悩み続けている人は少なくないのではな…続きを読む

人と一緒に食事ができない! 「会食恐怖症」に悩む人たちに伝える、その克服法とは

ステージ4の「がん」が消えた…副作用のない自然治癒が注目、カギは食事と運動

昨年10月、がんに関する大ニュースが世界中を駆け巡った。京都大学の本庶佑特別教授が、米テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターのジェームズ・アリソン教授と共にノーベル医学生理学賞を受賞したというニュースだ。免疫をがんの治療に生かす手がかりが発見されたことで新しいタイプ…続きを読む

ステージ4の「がん」が消えた…副作用のない自然治癒が注目、カギは食事と運動
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆