「病気」の記事一覧

なぜ牛のレバ刺しを食べてはいけないのか~新鮮な肉ほど危険!

「あかんやつ…1.100円」――通称・レバ刺しを隠語表示(メニュー掲載)で提供したとして、京都市内の焼肉店『ちりとり鍋 ごっこや』の男性経営者(43)が逮捕された。 牛の生レバーを提供する際は「十分加熱する必要がある」点を客に説明しないと、食品衛生法違反(懲役2年以下、罰…続きを読む

なぜ牛のレバ刺しを食べてはいけないのか~新鮮な肉ほど危険!

これまでのED・AGA治療は万能ではない! 幹細胞上清療法で根治治療が可能に

男性の深刻な悩みといえばED(勃起不全)やAGA(男性型脱毛症)。睡眠を見直したり、食生活を変えたりといった生活習慣に気を配っている人は多いだろう。しかし、生活習慣の見直しだけでED・AGAが本当に改善できるかというと、実のところ難しい。食の見直しなど、努力によっては効果が…続きを読む

これまでのED・AGA治療は万能ではない! 幹細胞上清療法で根治治療が可能に 

まさに『セックス・アンド・ザ・シティ』!別れと復縁でカップルの精神的ダメージは?

米国の連続テレビドラマ『フレンズ』のロスとレイチェル、あるいは『セックス・アンド・ザ・シティ』のキャリーとミスター・ビッグのように、「別れても復縁するのを繰り返すカップル」は情緒不安に陥りやすい――。 そのような研究が、米ミズーリ大学のKale Monk氏らによって示唆…続きを読む

まさに『セックス・アンド・ザ・シティ』!別れと復縁でカップルの精神的ダメージは?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆