「病気」の記事一覧

我が子を死に追い詰めながら看病もする母親!? 精神疾患「代理ミュンヒハウゼン症候群」の衝撃

子供に対する虐待による傷害事件や死亡事件が増えている――。 厚生労働省によれば、心中以外で虐待死した児童67人の4.5%に当たる3人が、子供を故意に病気に陥らせる「代理ミュンヒハウゼン症候群」によって死亡している(厚生労働省:子供虐待による死亡事例等の検証結果等について…続きを読む

我が子を死に追い詰めながら看病もする母親!? 精神疾患「代理ミュンヒハウゼン症候群」の衝撃

子どもに窒息事故が多発する理由~「親=バイスタンダー」が知っておくべきこと

「さよならバイスタンダー」はYUKIの最新シングルにして人気テレビアニメ『3月のライオン』のオープニングテーマ。タイトルには「傍観者的な生き方への決別」という意味が込められているそうだ。 「バイスタンダー(bystander)」とは「発見者」「同伴者」など、救急現場に居…続きを読む

子どもに窒息事故が多発する理由~「親=バイスタンダー」が知っておくべきこと

がん患者の半数が治癒可能になる時代①~標準医療を超えた医療

バイデン前副大統領が久々に公の前でスピーチをして、「私はがんを克服する大統領になりたかった」とコメントをした。そこで気になるのが、がんの治癒を目指す「ムーンショット計画」の行方だ。 計画に携わっている人によると、トランプ大統領も計画の内容自体には肯定的だそうだ。オバマ前…続きを読む

がん患者の半数が治癒可能になる時代①~標準医療を超えた医療
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子