「病気」の記事一覧

診断基準の改定でドライアイ患者が3割増える! 予防に世界初の測定アプリも登場

あなたは今から10秒間、まばたきをせずに目を開けていられるだろうか? また次の12項目で該当する症状はいくつあるだろうか?□:目が疲れる□:目が乾いた感じがする□:ものがかすんで見える□:目に不快感がある□:目が痛い□:目が赤い□:目が重たい感じ…続きを読む

診断基準の改定でドライアイ患者が3割増える! 予防に世界初の測定アプリも登場

「てんかん」という病〜発作や症状のコントロールで運転も可能

「てんかん(癲癇)」は大脳にある神経細胞の一部が異常に興奮すると起き、短時間、意識がもうろうとしたり、意識を失う状態になります。 もし、その発作が運転中に起こったら……。本人は、その間のことを覚えていなかったり、自覚がないことも多いので、周囲の人の細かな洞察が必要です。…続きを読む

「てんかん」という病〜発作や症状のコントロールで運転も可能

高杉晋作は自己愛性パーソナリティ障害だった?肺結核が奪った27歳の生涯

没後150年を迎えた幕末の革命児・高杉晋作(1839~1867)。その人気度や好感度はどうだろう? たとえば、22~34歳の働く女性412人を調査した「恋人にしたい幕末の志士ベスト5」を見ると、高杉は5位に滑り込んでいる(『マイナビウーマン』2015年11月のWebアン…続きを読む

高杉晋作は自己愛性パーソナリティ障害だった?肺結核が奪った27歳の生涯
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛