コンタクトのまま寝て角膜が破裂! 3人に1人がコンタクトレンズを付けて就寝

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コンタクトのまま寝て角膜が破裂! 3人に1人がコンタクトレンズを付けて就寝の画像1

使用者の約3人に1人がコンタクトのまま就寝

 コンタクトレンズを装着したまま一晩寝てしまった、ある男性。シャワーの後にタオルで顔を拭いていたら、左目から何かがはじけるような音が聞こえ、激痛が走った――。

 そんな症例が、米疾病対策センター(CDC)が発行する『Morbidity and Mortality Weekly Report』(8月16日号)に掲載の報告書で紹介された。

 この男性は、コンタクトレンズの使用に関連した感染が原因で角膜に重度の潰瘍ができ、穴が開いてしまったという。CDCは、コンタクトレンズを装着したまま寝ると重篤な眼の感染症リスクが6~8倍に高まるとして、警鐘を鳴らしている。

 報告書によると、この男性(59歳)で、1泊2日の旅行中にソフトコンタクトレンズを装着したまま寝てしまった。男性は「穿孔性角膜潰瘍」と診断され、緊急で角膜移植が行われた。さらに1年後の白内障手術を経て、ようやく視力が回復したという。

 報告書には他にも、コンタクトレンズを外さずに寝たことが原因で失明の危険にさらされた5人の症例が紹介されている。

 そのうちの1人、17歳の少女は、処方箋なしで購入したソフトコンタクトレンズを装着したまま寝た後、感染が原因で角膜に潰瘍ができ、右目の視力がほとんど失われてしまった。

 一方、ある57歳の男性は、約2週間にわたって同じソフトコンタクトレンズを使用し続け、その間にレンズの消毒もしなかった。その結果、両眼は細菌性角膜炎と診断され、右目に角膜移植が行われたが、左目には傷が残ったという。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆