これまでのED・AGA治療は万能ではない! 幹細胞上清療法で根治治療が可能に

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これまでのED・AGA治療は万能ではない! 幹細胞上清療法で根治治療が可能に の画像1

ED・AGA治療に新たな可能性!(depositphotos.com)

 男性の深刻な悩みといえばED(勃起不全)やAGA(男性型脱毛症)。睡眠を見直したり、食生活を変えたりといった生活習慣に気を配っている人は多いだろう。しかし、生活習慣の見直しだけでED・AGAが本当に改善できるかというと、実のところ難しい。食の見直しなど、努力によっては効果が見込めることもあるが、重症の場合は、それだけでは追いつかないのが現実だ。

 日本泌尿器科学会専門医で、銀座ソラリアクリニックの特別顧問を務める古賀祥嗣医師に話を伺った。

従来のED・AGA治療は万人に効果がみられるわけではない

「生活習慣の見直しと前後して、みなさん検討するのが治療薬でしょう。ED治療薬を例にすると、効果は世界中の論文でその有用性が発表されていて、ED患者の70〜90%に効果が認められるとされていますが、実は治療薬はすべての人が使えるものではないのです」

 基本的に、狭心症や心筋梗塞の薬を服用している人は、使用不可。どちらも血圧を下げる作用があって、一緒に飲むと危険だからと古賀医師は言葉を続ける。
「さらに、ED治療薬が誰にでも効くかというと、残念ながら全員に、というわけにはいきません。10〜30%のED患者には、効果が見られないこともあります」

 そもそも薬剤は、投与し続けることが果たして本当にいいのか、という疑問も残る。現在、日本で使用可能なED治療薬は、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類。これらは効果、改善が期待される一方、めまい、顔のほてり、頭痛など副作用も懸念されるという。

「いずれにしても副作用が出た場合は、どんなに軽度であっても、かかりつけの医師に相談したほうがいいでしょう。万人に効果があるわけはないこと、副作用に注意しなければならない点では、AGA治療薬でも同じことがいえます」

薬で効果が出ない!そんな人はテストステロンの補充を

『20歳若返る デキる男のアンチエイジング』(古賀祥嗣 /イースト・プレス)

「生活習慣の改善がED・AGAの決定打にならず、治療薬も効果がみられない。この場合は治療薬と男性ホルモン(テストステロン)補充療法を併用することで、改善が見られるケースもあります。テストステロンは<男らしさ>を司るホルモンで、男性としての性的な魅力をアップし、<男の自信>に不可欠なホルモン。生殖機能に直結するホルモンのため、分泌が減少すれば、精力減退や勃起機能の低下を招くことは言うまでもありません。逆にテストステロンが多ければ、ED・AGAになることは少ないと考えられます。そのため、テストステロンを外部からの投与で補充し、同時に治療薬を飲むことで、重度の症状も改善される可能性が高いのです」

 ここまでは、一般的なメンズクリニックではよく試される治療方法だ。さらに新たな選択肢となるのが、古賀医師が取り組む幹細胞上清療法「SGF」によるED・AGA治療だ。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆