「電子タバコ」安全神話が崩壊? 「IQOS(アイコス)」に健康被害の<イエローカード>!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Depositphotos_143987645_s-2015.jpg

「新型タバコ」の安全神話が崩壊(depositphotos.com)

 こちら(非喫煙者)から訊いてもいないのに、紙タバコから新型タバコ(電子タバコ、非燃焼・加熱式タバコ)へと転向した人々が、決まって口にする定番の弁明が幾つかある――。

 彼ら曰く「これまでのタバコよりも健康リスクが少ない」「受動喫煙の危険性もない」、あるいは、煙がない/見えにくいのをいいことに「禁煙エリアでも吸える」と蒸気を吐いている。

 しかし、それは「都市伝説」みたいなもので、どれも科学的根拠はない。しかもここへきて、各国の専門筋が有害警告を鳴らし始め、愛好派は追い詰められている。

 なかでも、加熱式タバコの世界的な代表格、フィリップモリス社の「IQOS(アイコス)」が、米国立衛生研究所(NIH)と米食品医薬品局(FDA)の資金提供下で行なわれたラット実験の報告によって、名指しで健康被害の可能性を指摘された一件は象徴的だ。

IQOS(アイコス)の安全神話はアウトか?

 IQOS(アイコス)は血管に悪影響を与える――。11月11~15日にアナハイムで開催された米国心臓協会(AHA)の年次集会の場で、前掲の実験を担ったカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の研究班はそう言い切った。

 Matthew Springer氏(UCSF医学部循環器内科学教授)らによるラット実験の具体的内容は、次のようなに単純明快なものだった。

 「①IQOSを加熱した蒸気」「②紙巻きタバコ(マルボロ)の煙」「③清浄な空気」のいずれかをラットに曝露させた上で「血流依存性血管拡張反応(FMD: flow-mediated dilation)検査」によって血管内皮機能を評価した。

 まずは、<1回を15秒間>として<5分間に10回>の曝露を実施した。次いで<1回5秒間>の曝露を同じ<5分間で10回>試みた。

 すると前者の実験結果で、①のIQOS組が58%、②のマルボロ組で57%、ラットの血管内皮機能が低下した。後者の結果でも、①のIQOS組が60%、②のマルボロ組で62%の低下が読み取れた。

 つまりIQOSもマルボロも「同程度の低下」が認められたというのだから、IQOSの発売元フィリップモリス社は穏やかではない。というのも、今や複数国で販売されて大ヒット商品のIQOSだが、肝心のお膝元である米国内では許可されておらず、目下、前出のFDAに承認を申請している最中なのだ。

 これまで同社は、「摂氏600度でタバコ葉を燃やす」従来の紙巻きタバコは有害物質を含んだ煙を発生させるが、「摂氏350度で加熱する」IQOSは、ニコチンを含む蒸気こそ生じるものの煙は出ない――。依って「紙巻きタバコより安全」と主張してきた。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆