日本発「スマート・ライフ・プロジェクト」が世界の健康寿命を延ばす!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
slp.jpg

「スマート・ライフ・プロジェクト」HPより

 近年、「生活習慣病」が問題視されて久しい。高血圧や動脈硬化、糖尿病、肥満などは、日本人の死因に大きく関わっているからだ。そのリスクは、世界的な関心事のようだ。

 「ワシントン大学健康指標評価研究所(IHME)」は、英医学誌『ランセット』(2015年8月25日付)で、ある調査結果を発表した。世界188カ国を対象に、1990年から2013年にかけて実施された「世界疾病負担調査」から得られた最新データである。なかでも、「世界の死亡リスクを高める10の要因(2013年)」は興味深い。

1.高血圧(収縮期血圧)
2.喫煙
3.肥満(BMI)
4.糖尿病(空腹時高血糖)
5.塩分の過剰摂取
6.果物の不足
7.大気汚染(微少粒子の拡散)
8.家庭燃料による大気汚染
9.高コレステロール
10.アルコールの過剰摂取
*出典:健康指標評価研究所(2015)

 かつては「小児期の低栄養」や「不衛生な飲料水」、「感染症」が上位を占めていた。1990年を境に、死亡リスク要因は大きな変化を遂げ、今では高カロリー・高コレステロールの食事や喫煙、飲酒など、いわゆる“悪い”生活習慣が取って変わった。特に不健康な食事の影響は大きく、世界全体の死亡リスクを21%上昇させているのだそうだ。

「不健康な食事」「喫煙」「運動不足」はグローバルな問題

 厚生労働省の人口動態調査によれば12年間(2002~2014年)、日本の死因の上位は変わらず悪性新生物、心疾患、肺炎、脳血管疾患が占めている。

 悪性新生物は、肺がん・気管支がん、大腸がん、胃がんが多い。「喫煙」や「動物性脂肪・塩分の摂取量の過剰」、「野菜・果物の摂取不足」が原因に挙げられる。

 また、心疾患は心不全、急性心筋梗塞が多く、「動脈硬化」「アルコール」「高血圧」「過剰な精神的ストレス」などが原因とされる。脳血管疾患は、脳梗塞や脳内出血が多く、生活習慣病や「心臓病」「喫煙」などが原因といわれている。

 こうして見ると、先ほど挙げた世界の死亡リスク要因は、わが国でも当てはまっていることが分かる。国内でも広く注意喚起されている「不健康な食事」や「喫煙」、「運動不足」は、グローバルな問題でもあったのだ。

「健康寿命」を延ばす日本のプロジェクト

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔