日本発「スマート・ライフ・プロジェクト」が世界の健康寿命を延ばす!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
slp.jpg

「スマート・ライフ・プロジェクト」HPより

 近年、「生活習慣病」が問題視されて久しい。高血圧や動脈硬化、糖尿病、肥満などは、日本人の死因に大きく関わっているからだ。そのリスクは、世界的な関心事のようだ。

 「ワシントン大学健康指標評価研究所(IHME)」は、英医学誌『ランセット』(2015年8月25日付)で、ある調査結果を発表した。世界188カ国を対象に、1990年から2013年にかけて実施された「世界疾病負担調査」から得られた最新データである。なかでも、「世界の死亡リスクを高める10の要因(2013年)」は興味深い。

1.高血圧(収縮期血圧)
2.喫煙
3.肥満(BMI)
4.糖尿病(空腹時高血糖)
5.塩分の過剰摂取
6.果物の不足
7.大気汚染(微少粒子の拡散)
8.家庭燃料による大気汚染
9.高コレステロール
10.アルコールの過剰摂取
*出典:健康指標評価研究所(2015)

 かつては「小児期の低栄養」や「不衛生な飲料水」、「感染症」が上位を占めていた。1990年を境に、死亡リスク要因は大きな変化を遂げ、今では高カロリー・高コレステロールの食事や喫煙、飲酒など、いわゆる“悪い”生活習慣が取って変わった。特に不健康な食事の影響は大きく、世界全体の死亡リスクを21%上昇させているのだそうだ。

「不健康な食事」「喫煙」「運動不足」はグローバルな問題

 厚生労働省の人口動態調査によれば12年間(2002~2014年)、日本の死因の上位は変わらず悪性新生物、心疾患、肺炎、脳血管疾患が占めている。

 悪性新生物は、肺がん・気管支がん、大腸がん、胃がんが多い。「喫煙」や「動物性脂肪・塩分の摂取量の過剰」、「野菜・果物の摂取不足」が原因に挙げられる。

 また、心疾患は心不全、急性心筋梗塞が多く、「動脈硬化」「アルコール」「高血圧」「過剰な精神的ストレス」などが原因とされる。脳血管疾患は、脳梗塞や脳内出血が多く、生活習慣病や「心臓病」「喫煙」などが原因といわれている。

 こうして見ると、先ほど挙げた世界の死亡リスク要因は、わが国でも当てはまっていることが分かる。国内でも広く注意喚起されている「不健康な食事」や「喫煙」、「運動不足」は、グローバルな問題でもあったのだ。

「健康寿命」を延ばす日本のプロジェクト

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆