明日は自分かも...... 増える"がんサバイバー" が安心して働ける社会に改革を!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
268398632.jpg

がんサバイバーが安心して働ける社会を (shutterstock.com)

 1981年以降、悪性新生物、すなわち「がん」が、日本人の死因トップの座に居座り続けている。

 厚生労働省の人口動態統計を見ると、平成25年、がんによる死亡者数は36万4721人。2位の心疾患(19万6547人)と3位の肺炎(12万2880人)の合計(31万9427人)よりも多い。全死亡者の28.8%、3.5人に1人が、がんで亡くなっていることになる。また、国立がん研究センター・がん対策情報センターの総合サイト「がん情報サービス」によると、2015年の予測がん罹患数は98万2100(昨年より10万件増)。予測がん死亡数は37万900人(昨年より4000人増)にもなる。

 ただし、「がんの5年相対生存率」を見ると、1993〜96年には53.2%だったが、2003〜05年には58.6%に増加しており、医療の進歩によって、多くの人の命が救われていることがわかる。

がん患者は若い世代でも増加している

 がんに罹患する人は増えたが、それは高齢者だけにあてはまることではない。もちろん65歳以上の高齢者がぐっと数字を延ばしていることはたしかだが、20〜64歳の就労可能年齢の患者数も増加しており、その割合は、がん患者全体の32.4%を占めるまでになっている(2008年)。

 病気の進行度にもよるが、がんを発症したからといって、その治療のために仕事を辞めることは簡単ではない。これまで築いてきたキャリアは捨てられないし、治療にもお金がかかる。そこで、がんの治療をしながら、可能な限り仕事を続けるという選択をする人がほとんどだろう。

 あなたの職場や取引先にいないだろうか、がんのために入院治療をしたのちに仕事に復帰したという人、あるいは定期的に抗がん剤を打ちながら仕事を続けている人が......。厚労省が「平成22年国民生活基礎調査」を基に特別集計したところ、このように「がんサバイバー(がん体験者)」で仕事を持ちながら通院している人は32.5万人(男性は14.4万人、女性は18.1万人)いる。

働くだけでも大変なのに、ハラスメントに悩む人も......

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛