“スピワゴ小沢” に喉頭がん疑惑!?~喫煙の危険指数と“ハスキーボイス”に兆候が……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cigarette.jpg

周囲にもおよぶ喫煙の健康被害 cosma/PIXTA(ピクスタ)

 お笑いコンビ、スピードワゴンの小沢一敬さん(42)がTBS系『駆け込みドクター! 運命を変える健康診断』(2月21日放送)内で“喉頭がんの疑い”を指摘された。

 クールを装うもさすがに動揺を隠しきれなかった“セカオザ”(SEKAI NO OZAWA)。

 「病気のことを気にするから病気がくる。ノンストレスで生きているうちは病気が来ない」。そんな独自な健康論(!?)を説く小沢さん。

 それゆえだろうか、1日の喫煙数は最低でも3箱、自宅では絶えず煙を燻らせているとか。だが、健康状態については「風邪は年の半分以上ひいてる気がする、平熱は35度」と決して良好とはいえないコメント。

 番組内で耳鼻咽喉科の山西敏彦医師が喫煙キャリアを問うと、しばしの沈黙をぬって、「22年吸ってます!」と相方の井戸田潤さんが即答。そこから雲行きが変わった。

600超えは“赤信号点滅”の境目?

 「ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)というのがあります」と山西医師。これが600以上だと「喉/気管/肺などの病気リスクが高くなります」と解説した。

 さらに“セカオザ”の眼を見据えながら「耳鼻科として気になるのが、声がハスキーであること」と指摘した。

 「声帯に何か病気があるのではと危惧します。脅かすわけじゃないですけど、喉頭がんの可能性も……」との専門医の想定外の見立てに小沢さんも仰天。

 「脅かすなら段階、踏んで~!」と切り返すのがやっとな様子だった。確かに彼の前掲指数は1箱20本入りとして1320となる。

「声を失うことも覚悟した」SMAPの中居さん

 「喉頭がんの疑い」で近年、印象的な出来事として思い出されるのが、SMAPの中居正広さん(43) が昨年5月にのどの腫瘍摘出の報告だ。

 「手術で取るしかない、悪性ならば喉頭がん」と医師に診断され、検査結果は良性のポリープ。ヘビースモーカーでも知られる中居さんは、亡父をがんで失くしている。悪性の場合、最悪「声を失うことも覚悟した」という。(http://healthpress.jp/2015/07/smap.html

 専門医によれば「喉頭がんに至る喫煙歴は1日40本を30年以上」とのこと。咽頭は軟骨の硬い壁に取り囲まれた空隙にあるので、がん細胞が広がりにくい面もある。

 声帯に発生する例が多く、声のしわがれなどの症状が出やすいため、早期発見もされやすい。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆