“スピワゴ小沢” に喉頭がん疑惑!?~喫煙の危険指数と“ハスキーボイス”に兆候が……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cigarette.jpg

周囲にもおよぶ喫煙の健康被害 cosma/PIXTA(ピクスタ)

 お笑いコンビ、スピードワゴンの小沢一敬さん(42)がTBS系『駆け込みドクター! 運命を変える健康診断』(2月21日放送)内で“喉頭がんの疑い”を指摘された。

 クールを装うもさすがに動揺を隠しきれなかった“セカオザ”(SEKAI NO OZAWA)。

 「病気のことを気にするから病気がくる。ノンストレスで生きているうちは病気が来ない」。そんな独自な健康論(!?)を説く小沢さん。

 それゆえだろうか、1日の喫煙数は最低でも3箱、自宅では絶えず煙を燻らせているとか。だが、健康状態については「風邪は年の半分以上ひいてる気がする、平熱は35度」と決して良好とはいえないコメント。

 番組内で耳鼻咽喉科の山西敏彦医師が喫煙キャリアを問うと、しばしの沈黙をぬって、「22年吸ってます!」と相方の井戸田潤さんが即答。そこから雲行きが変わった。

600超えは“赤信号点滅”の境目?

 「ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)というのがあります」と山西医師。これが600以上だと「喉/気管/肺などの病気リスクが高くなります」と解説した。

 さらに“セカオザ”の眼を見据えながら「耳鼻科として気になるのが、声がハスキーであること」と指摘した。

 「声帯に何か病気があるのではと危惧します。脅かすわけじゃないですけど、喉頭がんの可能性も……」との専門医の想定外の見立てに小沢さんも仰天。

 「脅かすなら段階、踏んで~!」と切り返すのがやっとな様子だった。確かに彼の前掲指数は1箱20本入りとして1320となる。

「声を失うことも覚悟した」SMAPの中居さん

 「喉頭がんの疑い」で近年、印象的な出来事として思い出されるのが、SMAPの中居正広さん(43) が昨年5月にのどの腫瘍摘出の報告だ。

 「手術で取るしかない、悪性ならば喉頭がん」と医師に診断され、検査結果は良性のポリープ。ヘビースモーカーでも知られる中居さんは、亡父をがんで失くしている。悪性の場合、最悪「声を失うことも覚悟した」という。(http://healthpress.jp/2015/07/smap.html

 専門医によれば「喉頭がんに至る喫煙歴は1日40本を30年以上」とのこと。咽頭は軟骨の硬い壁に取り囲まれた空隙にあるので、がん細胞が広がりにくい面もある。

 声帯に発生する例が多く、声のしわがれなどの症状が出やすいため、早期発見もされやすい。

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛