>  >  > オードリー・ヘプバーンを襲った「腹膜偽粘液腫」とは
シリーズ「傑物たちの生と死の真実」第18回

発症率100万人に1.5人 オードリー・ヘプバーンを襲った「腹膜偽粘液腫」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
audrey.hepburn.jpg

オードリー・ヘプバーンは1993年1月20日に死去(写真は映画『ローマの休日』より)

 オードリー・ヘプバーンは、1929(昭和4)年5月4日、ブリュッセルのイクセルで生まれた。5歳でイギリスの寄宿学校に入学。両親は離婚し、父と離別。10歳の時、祖父の住むオランダ、アムステルダムへ移住。6年間、ソニア・ガスケルの特訓が実り、バレリーナになる。

 第二次世界大戦中、ナチス・ドイツのオランダ占領に抵抗する運動に参加。資金集めのためにバレエを踊る。だが、叔父や従兄弟は銃殺刑、異父兄弟は強制収容所送りに。オードリーは栄養失調に襲われる。

 終戦後、オードリーは、母とロンドンに移住。生活のために映画、テレビ、舞台の端役の仕事をこなすが、フランスの女性作家のシドニー・ガブリエル・コレットに見出され、ブロードウェイ上演作品『ジジ』の主役になる。1953年、24歳の時、『ローマの休日』でアカデミー主演女優賞を射止める。

 「女優の道に進んだのは偶然。無名で自信も経験もなく、痩せっぽち。全身全霊で打ち込んだ。チャンスはたびたび巡って来ない。だから、巡って来たら、ぎゅっと掴まないと。でも、私のような顔が写真に載るなんて思いもしなかったわ!」
 
 結婚の破綻、夫の死別……。挫折も波乱もあった。1989(平成元)年、女優を引退。ユニセフ親善大使になり、ソマリアで難民救済活動に情熱を注ぐ。死去する4カ月前の1992年9月も、悲惨な状況にあったソマリアを訪問した。

 「政治家たちは子どもたちに無関心だが、いつか政治が人道化する日が来るはず。ユニセフがもたらした水という奇跡を見た。何百年も水を汲むために少女や女性たちが何マイルも歩いたのに、今は家のすぐそばに綺麗な水が出る。綺麗な水は、子どもたちの生命そのもの。ユニセフという文字を目にした時、子どもたちの顔がパッと明るくなる。スーダンでは、水を汲み上げるポンプは、ユニセフと呼ばれている」

100万人に1.5人しか発症しない稀少がん「腹膜偽粘液腫」に

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫