広がるがん治療の選択肢~放射線治療「トモセラピー」のメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TomoTherapy.jpg

トモセラピーは入院も切開も不要のがん治療(写真提供・日本アキュレイ)

 女優の川島なお美さんやアナウンサーの黒木奈々さん、任天堂社長の岩田聡さん、俳優の今井雅之さんなど、今年は多くの有名人ががんで亡くなるニュースが相次いだ。
 
 今や「がん治療」は、外科手術、抗がん剤などを利用した薬物治療方法、放射線治療などさまざまな選択肢がある。川島なお美さんは、女優という職業柄、肉体にメスを入れることも、抗がん剤による副作用も避けるという道を選んだ。もちろん患者本人の希望だけでなく、疾患の進行度や部位、保険適用の範囲内かどうかによっても、選択できる治療法は変わってくる。

 近年、がん治療で注目を集めるのが「放射線治療」。日本ではがん患者の約25%、米アメリカでは約60%が放射線治療を選択している。その放射線治療の中でも「トモセラピー」は、従来の放射線治療よりも一度に照射できる範囲が広いため、離れたところに散在する病巣や全脊椎への照射が可能な治療法だ。2つの腫瘍がある場合、互いの腫瘍がある程度離れていても一度に照射できるため、従来の方法と比べて時間も費用も短縮できることもある。

 そのトモセラピー機器を開発する日本アキュレイ社の製品担当者に、がんの放射線治療のメリットやトモセラピーの特徴、治療費などについて話を伺った。

放射線治療を選択するメリット

 放射線治療は、入院しなくても通院だけで治療でき、場合によっては完治まで可能な治療法である。外科手術や抗がん剤などの治療法との違いはどこにあるのだろうか? 

 「放射線治療は、外科手術や抗がん剤と比較すると、体力的な消耗が少なく、費用負担も少ないメリットがあります。外科手術や抗がん剤の場合は入院が基本ですが、放射線治療の場合、患者さんの状態によって、必ずしも入院になるわけではありません。比較的早くがんが発見されて体力がまだ十分にある場合、腫瘍が比較的良性である場合、会社の重責を担う方が病気を悟られたくないという場合などは通院での治療を選択することもできます」

 実際、どのような人が放射線治療を受けているのだろうか?

 「トモセラピーの場合、一番多いのは“前立腺がん”の方といわれています。患者さんは働き盛りの男性のケースが多く、30~40回程度の通院で治療を受けています。毎回、治療室に入って出るまで20分程度です」

 通院のみで治療ができ、手術が不要というのは、社会人にとっては耳寄りだ。この手術が不要なことについて、具体的にはどのようなメリットがあるのだろうか?

 「特に頭頸部は服で隠すことのできない唯一の部位ですので、メスを使わない放射線治療は美容上のメリットも大きく、特に女性にとっては精神的な負担が少なくて済むでしょう。トモセラピーの場合は、複雑な形状の腫瘍に合わせた照射ができるため、構造が複雑な頭頸部でも多く用いられています」

放射線治療「トモセラピー」のメリットとは?

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫