「電子母子手帳Babys!」は紛失の心配なし、パソコンから簡単入力!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
boshitecho.jpg

株式会社スキルアップが提供する「電子母子手帳Babys!

 妊娠を届け出ると市区町村から交付される「母子健康手帳」。妊婦健診や乳幼児健診、予防接種などのデータが記録されるだけでなく、わが子の成長を記入することもできる。母子健康手帳は、その名の通り、妊娠出産育児期の母と子(胎児含む)の健康を守る大事な役目を担っている。

 母子健康手帳の歴史は古く、太平洋戦争直前の1937年に施行された母子保健法までさかのぼることができる。1942年には、国による「妊産婦手帳制度」が発足し、定期的な医師の診察を促すとともに、戦時下においても物資の優先配給が保証された。戦後の1947年、児童福祉法が施行され、妊産婦手帳が母子手帳に。1966年、母子保健法が施行され、母子手帳が母子健康手帳に。1981年、母親が子どもの成長記録を書き込める方式に変更され、1991年、交付先が都道府県から市町村へと変更された。

 母子健康手帳は日本独自に発展したものだが、1980年代にJICAの研修で訪日していたインドネシア人の医師が母国での普及を開始し、現在では韓国、タイ、オランダ、フランスなど、30か国以上の国や地域で活用されている。

電子母子手帳ならではのメリットとは?

 日本人にとっては、あって当たり前の母子健康手帳。ただし、紛失すると再発行ができない。もしろん、紛失したら、それまでの記録も失われてしまう。また、子どもが独立したら、母と子のどちらが持つかという問題も生じているようだ。

 それらを解決すべく8年前に開発されたのが「電子母子手帳Babys!」だ。

 企画開発者である株式会社スキルアップ社長の小林由和さんは、「紛失等の問題だけでなく、検診時や受信時などに手帳を持ってくるのを忘れるケースが意外と多く、妊婦さんやお母さん方はとても苦労されています。いつでも持ち歩けてどこにいても見られる、そしていつまでも保存できる、そんな母子手帳が必要ではないでしょうか」と話す。

 例えば、わが子の急な発熱に、保険証と財布とスマホをつかんで、あわてて医院にかけ込むという事態を想像してほしい。電子母子手帳であれば、医師から既往症や予防接種の時期を尋ねられ時に、スマホで確認ができる。さらに、体重や身長を入力すると、自動で成長曲線グラフも作成。また、月齢に対応した妊娠・出産・育児の情報、予防接種時期のお知らせなど、便利なコンテンツも使える。

 「妊娠出産育児情報は、井上レディースクリニック院長の井上裕子先生、水野記念病院麻酔科・ペインクリニックの下地恒毅先生に監修をお願いし、プレママの週数や赤ちゃんの月齢に合わせて提供しています。また、今は予防接種が多岐にわたり複雑化しているので、予防接種のタイミングをスケジュール表にして提供します。さらに、メール設定しておくと、接種日の1週間前にお知らせメールが届きます」

個人の健康記録として一生の役に立つ

<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第3回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
第3回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志