連載「快楽はどこまで許されるのか? セックス依存という病」第7回

"セックス依存"は満たされない渇き? 映画『SHAME−シェイム−』に見る闇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Move_shame.jpg

話題になった映画『SHAME−シェイム−』(画像は公式HPより

 「描かれているのはセックスだけ。しかしあなたは、彼の人生そのものを覗きみる。」映画『SHAME−シェイム−』のDVDパッケージにはそんな文字が踊る。日本で公開されたときも、セックス依存症の世界を赤裸々に描いたと話題になった。

 確かに、この映画にはセックスシーンがふんだんに登場する。主人公のブランドンは、部屋に風俗嬢を呼び、パソコンのテレビ電話で裸の女性と交流する。パソコンのハードディスクはハードなポルノで一杯。バーでは女性を卑猥な言葉でナンパし、連れの男に殴られる。

 この映画で描かれているのは、セックスに対する渇望と罪悪感だ。ブランドンはそれなりの会社に勤め、社会性も備えている。なかなかのモテ男で、セックスパートナーは途絶えることがない。それでも、ブランドンの心の中はいつもどこか落ち着かず、焦燥感で荒んでいる。突然、押し掛けて家に泊まるようななった妹のシシーにも、過剰な身体的接触をしたかと思えば、冷たく罵倒しもする。

常により強い刺激を求めずにはいられない

 ブランドンが同僚とレストランでデートをするシーンは象徴的だ。結婚の話題に対して、ブランドンは「4カ月以上同じ女性と関係が続いたことがない。ひとりの人と生涯一緒にいるのは不可能だよ」と言う。レストランからの帰り道、ブランドンが「いつの時代の誰にでもなれるとしたら、何になりたい?」と聞くと、デート相手の女性は「Now,Here」と答える。字幕は「いまの自分のままがいい」だ。それに対して、ブランドンは「最低につまらない答えだ」と返す。

 ブランドンは「いま、ここ(Now,Here)」に対して決して満足できないのだろう。常に今以上により強い刺激を求めずにはいられない。そんなブランドンも自分のエネルギーをもてあまして夜中に突然走り出したり、また家に置いてある大量のポルノを突発的にゴミに出したりする。だが、そんなことをしても、すぐに性欲はまだ溢れ出してくるのだ。

人はなぜ快楽に耽溺するのか

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子