高1男子の4割が「死ぬまで射精できる」と思っている! 性に関しては“情報弱者”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_sexteenager.jpg

今の高校生は基本的な性知識すら欠如している(shutterstock.com)

 性教育は難しい。セックス(性行為)を経験していない子どもに、性とは何かを教えなければならないからだ。セックスに限ったことではないが、誰もが最初は未経験である。

 「経験すればわかるから、改まった教育は必要ない」という意見もある。一般論としては正しいが、性教育については慎重でなければならない。その理由は、性とは人間にとって複雑な感情を喚起する営みであり、客観的な事実をもとに伝わることが少ないからだ。

 私たちは性についての情報を、それぞれの経験則とメディアで流通する性知識を組み合わせて獲得している。その情報を取捨選択する能力が育っていない子どもには、親や社会が適切な性教育をしないととんでもないことになる。現実に、いま日本の高校生の間では、驚くような性知識が広がっている――。

死ぬまで生理がある!? 死ぬまで妊娠可能!? 死ぬまで射精する!?

 今年8月に大津市で開かれた日本思春期学会で、高校1年生を対象にした調査の結果、「男性は死ぬまで射精できる」と誤った認識を持っている男子が4割にものぼったという報告があった(女子では2割未満)。報告者は東京産婦人科医会監事の木村好秀医師。産婦人科学会の重鎮による発表だけに、その言葉は重い。

 調査対象は、東京都内の某公立高校に通う、性教育を受ける前の1年生320人。回答率93.8%で、男子131人(43.7%)、女子169人(56.3%)だった。
 
●各質問に「死ぬまで」と回答した割合
 月経は何歳まで?………………男子28.6%、女子5.3%
 女性は何歳まで妊娠可能?……男子21.6%、女子3.6%
 射精は何歳まで?………………男子40.5%、女子19.1%

 つまり、高校1年生の男子は、その約3割が「死ぬまで女性に生理がある」と考え、その約2割が「死ぬまで女性が妊娠可能」と考え、その約4割が「死ぬまで男性は射精する」と思っていることになる。女子のデータは、女子のほうが男子よりも、正確な性知識をもっていることを示しており安心できる。

若者たちは性知識が貧困な「情報弱者」だった

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真