"妊活"している男性が取りたい食品とは? 不妊治療の成功にはこの肉を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ck.jpg

"妊活中"の男性は鶏肉を食べよう! リチャード/PIXTA(ピクスタ)

 近年の晩婚化にともない、日本では不妊治療を受けるカップルが年々増加している。2013年に行われた体外受精は、36万8000件余り。10年前の3倍以上に増え、過去最多を更新している(日本産科婦人科学会のまとめ)。

 一方、治療の結果に産まれた子どもの数は4万人余りと治療件数の1割ほど。おおよそ24人に1人が、体外受精で生まれた計算になる。だが、件数の伸びに対して、生まれた子どもの割合は、ほとんど増えていないという。

 体外受精の成否を左右する要因はさまざまだ。まずは、精子と卵子が結合して受精卵ができなければ先に進めない。それについて先日、学術誌『Fertility & Sterility』(オンライン版)に興味深い論文が発表された。

体外受精を受ける際、男性の肉類の好みが受精能(卵を受精する能力)に影響を及ぼす可能性があるというのである。

鶏肉の摂取量で受精率に13%の差

 この研究を行ったのは、米・ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生学部(ボストン)のWei Xia氏らのグループ。マサチューセッツ総合病院で体外受精を行ったカップルのうち、男性141人の経過を追跡調査した。協力者の男性たちには、肉の総摂取量やどんな肉や加工肉を食べたかなど、食生活に関する情報を提供してもらった。

 不妊治療の体外受精には、精子を卵子にふりかけて受精させる基本的な方法と、顕微鏡下で針を使い、1個の精子を直接卵子の細胞の中に入れる顕微授精・ICSIがある。今回の調査では基本的な方法だけを行った人と、ICSIを併用した人が混在していた。

 分析の結果、男性の肉類の総摂取量と体外受精の成功率との関連性は、ICSIを併用しているかどうかにかかわらず認められなかった。一方、いずれのタイプの体外受精でも、鶏肉の摂取量が最も多い男性は、最も少ない男性よりも受精卵ができる確率が13%高かった(78%対65%)。

 さらにICSIを併用せず、基本的な方法のみで人工授精を行った場合の受精率は、ハムやソーセージなどの加工肉の摂取量が最も少ない男性で、最も多い男性よりも28%も高かった(82%対54%)。ただしICSIを併用した場合は、加工肉の摂取量は人工授精の成功率に影響しなかった。

精子の質を上げることは可能

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘