“表現の自由”の行方~改正児童ポルノ禁止法では子どもを守れない!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
unicefpol.jpg

日本ユニセフ協会の「なくそう! 子どもポルノ」キャンペーンのHPより

 漫画における児童の性的シーンは、「表現の自由」に含まれるか? 日本の漫画をめぐるそんな議論が、ついに国連関係者にまで持ち出された。

 10月26日、国連の「子どもの売買、児童買春、児童ポルノ」に関する特別報告者のマオド・ド・ブーアブキッキオ氏が、1週間の日本視察を終え、都内の日本記者クラブで会見。日本に対し、子どもを極端に性的に描いた漫画を禁止するよう呼びかけた。

 日本では昨年、子どものわいせつ写真や画像の「単純所持」禁止を盛り込んだ改正児童ポルノ禁止法が可決。今年7月に施行されたが、漫画の児童ポルノ描写は合法のままだ。

 ブーアブキッキオ氏は、露出度の高いビキニなどの子どもの写真やDVDがいまだに国内で出回っていることを踏まえて、「こうしたものはすべて、明らかに儲かる商売となっている。懸念されることは、社会的に容認したり、寛容だったりする風潮があることだ」と述べた。

児童ポルノ禁止は子どもの人権を守るため

 ブーアブキッキオ氏は加えて、「特に極端な児童ポルノ・コンテンツを扱った漫画は禁止すべきだ」と発言。ただし、芸術的表現の自由と児童保護の必要性の間に適切なバランスを見出すことの難しさについては、一部認める見解を示した。

 児童ポルノと表現の自由の兼ね合いは、これまで国内でも繰り返し議論されてきた。改正児童ポルノ禁止法制定の際には、漫画家や出版社から表現の自由が侵害され、当局による芸術に対する恣意的判断が下される可能性があると反対の声があがり、強い抵抗に至った経緯がある。

 もっとも、成年コミックのなかには、明らかに幼女や小学生と思われる少女が性的な行為をしている、目を覆うような作品が存在するのも事実。ただし、これに対しても「漫画は創作物であり、実際の被害者はいないのだから問題にするべきではない」という意見もある。

 児童を性的対象にした漫画が性犯罪を引き起こしているという確たる証拠はない。また、「ハリウッド映画で大量に人が殺されるのはいいのに、性的なものはなぜ咎められる?」と疑問を持つ人もいる。

 それでも、あまりに嗜虐性の高いストーリーの漫画に関しては、そこまで表現の自由を認めるべきか、疑問に思う人はかなり存在するだろう。表現のモラルをめぐる論争は、これからも続くに違いない。

 今回のブーアブキッキオ氏の会見の主題は、むしろJK(女子高校生)ビジネスなどにあり、漫画については会見の後半での質疑に対して答えたものであるようだ。いわば今回の発言主旨は、同氏の個人的見解に過ぎないものかもしれない。

そもそも児童ポルノ禁止は子どもの人権を守るため

トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆