連載「更年期をのりこえよう!」第8回

更年期に起こりがちな体の不調の陰に隠れているのは“仮面うつ病”!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_kounennki1116.jpg

仮面うつ病とはどんな病気?shutterstock.com

 前回は、更年期によくみられる症例のうち、発症の「原因」を見極めるのが難しく、それゆえに誤った診断を下されることも多い「心身症」という症例を紹介した。
今回も診断が非常に難しい、一風変わった名前の疾患をご紹介しよう。

「仮面うつ病」のケース 1

 最近、食欲がない。体重も減少し、疲労や倦怠感が強い。寝汗もひどく、目を覚ますとシーツがびっしょり濡れていることもある。ひどい肩こりや頭痛、手足のしびれもある。動悸や呼吸困難感を覚えることもある。
夫に付き添われて内科を受診したが、医師を前にしたら、自分の症状をきちんと説明することができず、ダラダラととりとめのない話になってしまった。医師は問診を打ち切り、血液検査や心電図検査などを行なったが、特に異常は認められなかった。これも更年期のせいだろうか?

 食欲減退、体重減少、疲労、倦怠感 →甲状腺機能亢進症、低血糖
 寝汗、肩こり、頭痛、手足のしびれ →自律神経失調症、内分泌疾患
 動悸、呼吸困難感 →不整脈、狭心症、心筋梗塞、過換気症候群

 患者の主たる悩みが身体症状のみで、あたかも“不定愁訴のデパート”のようにあれこれと苦痛を並べる場合がある。このような場合も、内科的な検査によって、想定される疾患の可能性を1つ1つ調べていくのは当然だが、患者自身が“何がつらいのか”をきちんと整理して説明できずに、話があちらこちらに飛んで、いっこうに要領を得ない場合には、「うつ病」を念頭におく必要がある。

原因が分からずドクターショッピングを繰り返す患者さんも

 実は「うつ病」なのに、本来の精神症状が目立たず、全身倦怠感や肩こり、頭痛などの身体症状だけが前面に出ていることがある。これを「仮面うつ病(masked depression)」という。この変わった病名は、1958年にイスラエルの精神医学者であるVojtech Adalbert Kralによって名付けられた。身体症状という「仮面」をかぶっているが、実態は「うつ病」なので注意しなければならない。

「心身症」の患者が「失感情症(alexithymia)」と言われて、自分の気持ちを上手く表現できないように、「うつ病」の患者は自分の抑うつ感や不安感をうまく表現できない。

「うつ病」で生じる思考障害の一つに、「思考抑制」あるいは「思考停止」と呼ばれるものがある。「考えが前に進まない」と表現されるように、思考が停止して、物事を理路整然と説明できなくなるのである。

 このため、一見したところ「うつ病」には見えなくても、患者の話に脈絡がなく、次第に論点がずれていき、受診の趣旨がつかみ難くなった場合には、根気よく症状を時間軸に沿って整理していく作業が必要となる。当事者が常に「真実」を語っているとは限らないが、当事者の話をよく聞くことによってのみ「真実」が見えてくるのである。

「仮面うつ病」のケース 2

 半年前からひどい腰痛に悩まされている。次第に足のしびれもでてきて、痛みとしびれのために、夜もよく眠れない。耐え難い不快感のために、イライラして何もやる気がおきなくなった。
整形外科を受診して湿布薬と消炎鎮痛剤を処方されたが、あまり改善しなかった。この痛みとしびれさえなくなれば、また普通の生活ができるのに、と思うと口惜しい。

「うつ病」の患者は、「意欲がわかない」「根気がなくなった」「イライラする」などの精神症状があっても、その原因が、「腰痛」や「しびれ」から来ていると自己流に解釈して、身体的症状のみを強く訴えることがある。患者はすべての症状を正直に語るとは限らないので、当事者によるバイアスがかかった情報を整理するのも、問診時の大事な作業となる。

「仮面うつ病」は精神症状が目立たず、身体症状のみが全面に出ているため、「抑うつのないうつ病」、「うつ代理症」などと呼ばれることもある。本人にも病識がないため、原因がわからずに、ドクターショッピングを繰り返して診断が遅れることが多い。心の悲鳴が身体に出ているため、身体だけを診ても原因はわからないのである。丁寧な問診と症状の整理によって、「うつ病」の診断に行き着けば、抗うつ剤の服用によって身体症状も改善していく。受診すべきは心療内科である。

「心身症」も「仮面うつ病」も病態は異なるが、どちらもストレスが誘因となって更年期に発症することが多い。人間の心と身体がいかに密接不可分な関係にあるかが、これらの症例を通じておわかりいただけたのではないかと思う。


連載「更年期をのりこえよう!」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子