連載 更年期をのりこえよう!第2回

女性の更年期も男性更年期も、すべてはホルモンバランスの乱れから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_estrogen1508.jpg

更年期と深い関係があるエストロゲンshutterstock.com

 女性の体は、卵巣から分泌される二つの女性ホルモン、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)によって支配されている。

 このうち、更年期の症状と深い関係があるのはエストロゲンである。エストロゲンの分泌量は20代から30代をピークに減り続け、50歳ではピーク時の5分の1程度になる。この時期、エストロゲンの分泌が一気に低下してしまうことから、様々な心身の不調が現われるのである。これをエストロゲン欠落症状という。

 このメカニズムをもう少し詳しく説明しよう。 
卵巣の働きを支配しているのは、脳の中にある下垂体という場所である。卵巣から分泌されるエストロゲンが減少すると、下垂体は卵巣へ向けて、ホルモンを分泌せよ!という指令を出す。これが卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)で、あわせて性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)という。

 さらに、この下垂体の働きを支配している最高司令室が、脳の視床下部という場所である。視床下部からは下垂体に向けて性腺刺激ホルモン放出ホルモン(Gn-RH)が分泌され、下垂体の働きをコントロールしている。つまり、視床下部→下垂体→卵巣という指令体系が、常に卵巣の働きをしっかり見張っているというしくみである。

 更年期に卵巣から分泌されるエストロゲンが減少すると、視床下部から指令を受けた下垂体が性腺刺激ホルモンを分泌して、しっかり働け!と卵巣に司令を送る。ところが、肝心の卵巣は機能が低下しているために司令に反応できず、エストロゲンは減少し続ける。このため下垂体からは更に多量のホルモンが分泌される。あたかも勉強する気のない子供を躍起になって叱りつける母親のように、この働きかけは空回りし、脳から分泌されるホルモンだけが過剰になっている、この不安定な状態が更年期なのである。

 つまり、更年期とは、脳から分泌される指令ホルモンと卵巣が分泌するホルモンとの均衡が崩れて、体がバランスを失った状態だということができる。

男性にもやはり更年期障害はある

ところで、更年期障害は女性に特有のものではない。最近では男性にも更年期障害があることが認知されるようになってきた。

 そのメカニズムは女性と同様で、精巣から分泌される男性ホルモン(テストステロン)が減少することによって様々な心身の不調が現われる。全身倦怠感、不眠、性欲減退、勃起不全(ED)などの身体的症状のほか、気力や集中力の低下、イライラ、抑うつ状態などの精神的症状が出現する。これらを総称して加齢男性性腺機能低下症候群(Late-onset hypogonadism=LOH症候群)と呼んでいる。

宮沢あゆみ(みやざわ・あゆみ)

あゆみクリニック院長。早稲田大学卒業後、TBSに入社し、報道局政治経済部初の女性記者として首相官邸、野党、国会、各省庁を担当。外信部へ移り国際情勢担当。バルセロナオリンピック特派員。この間、報道情報番組のディレクター、プロデューサーを兼務。その後、東海大医学部に学士編入学。New York Medical College、Mount Sinai Medical Center、Beth Israel Medical Center へ留学。三井記念病院、都立墨東病院勤務などを経て「あゆみクリニック」を開業。働く女性に配慮して夜間や土曜も診療しており、思春期から更年期までの女性のトータルケアに力を入れている。
あゆみクリニック」完全予約制。診療日:月,火,木 11:00~14:00 17:00~20:00 土 11:00~16:00

宮沢あゆみの記事一覧

宮沢あゆみ
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆