"卵子凍結代"80万円+保管料1万円/年で、妊娠年齢が延長できる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pregnancy.jpg

6割の独身女性が卵子凍結に肯定的 メグ/PIXTA(ピクスタ)

 「卵子凍結」に積極的な国として知られるベルギーで、世界初の快挙があった。

 首都ブルッセルのエラスム病院でのこと。イザベル・ドメステール医師の率いるチームが、凍結していた卵巣を10年後に解凍し、その組織片を持ち主の女性の左の卵巣に移植した。すると、機能が止まっていた女性の卵巣は卵子を作り始め、自然妊娠で健康な男の子を産んだという。

凍結卵巣が、10年後に卵子をつくる!

 凍結卵巣を体に戻した女性はコンゴ共和国で生まれ、5歳のときに遺伝性の血液の病気と診断された。移住したベルギーで受けた診断は、骨髄移植しか生きる道はないというもの。このとき彼女は13歳だったが、ひとつ大きな問題があった。

 骨髄移植では、拒絶反応を抑えるために化学療法と放射線療法を行うのだが、これらは卵巣の働きを破壊する副作用がある。そこで医療チームは、初潮前ではあったが彼女の右の卵巣を取り出して凍結保存したのだ。

 10年後、女性は病院を訪れて「赤ちゃんが欲しい」と相談。そして、冷凍庫に保存されていた卵巣が解凍されたのである。

 このような組織片の移植で妊娠した例は、世界で少なくとも35例ある。しかし、初潮前の卵巣での成功は世界初。人間の細胞や組織は、凍結されてもまた成長するのである。

20~30代はキャリアアップ、40歳で解凍卵子による出産?

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛