"卵子凍結代"80万円+保管料1万円/年で、妊娠年齢が延長できる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pregnancy.jpg

6割の独身女性が卵子凍結に肯定的 メグ/PIXTA(ピクスタ)

 「卵子凍結」に積極的な国として知られるベルギーで、世界初の快挙があった。

 首都ブルッセルのエラスム病院でのこと。イザベル・ドメステール医師の率いるチームが、凍結していた卵巣を10年後に解凍し、その組織片を持ち主の女性の左の卵巣に移植した。すると、機能が止まっていた女性の卵巣は卵子を作り始め、自然妊娠で健康な男の子を産んだという。

凍結卵巣が、10年後に卵子をつくる!

 凍結卵巣を体に戻した女性はコンゴ共和国で生まれ、5歳のときに遺伝性の血液の病気と診断された。移住したベルギーで受けた診断は、骨髄移植しか生きる道はないというもの。このとき彼女は13歳だったが、ひとつ大きな問題があった。

 骨髄移植では、拒絶反応を抑えるために化学療法と放射線療法を行うのだが、これらは卵巣の働きを破壊する副作用がある。そこで医療チームは、初潮前ではあったが彼女の右の卵巣を取り出して凍結保存したのだ。

 10年後、女性は病院を訪れて「赤ちゃんが欲しい」と相談。そして、冷凍庫に保存されていた卵巣が解凍されたのである。

 このような組織片の移植で妊娠した例は、世界で少なくとも35例ある。しかし、初潮前の卵巣での成功は世界初。人間の細胞や組織は、凍結されてもまた成長するのである。

20~30代はキャリアアップ、40歳で解凍卵子による出産?

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘