市販薬の「ロキソニンS」も「オロナインH軟膏」も重大な副作用が!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
市販薬の「ロキソニンS」も「オロナインH軟膏」も重大な副作用が!の画像1

市販薬にも重大な副作用が

 人生、思い通りに行かないものだが、思い通りに行くように変えるのも人生。立ち位置やものの見方を変えれば、行動が変わる。この情報を知ってそう感じた。どんなデータだろう?

 医師を対象に「日本の医療に貢献した薬」の薬効や成分の評価を聞いたインターネット調査がある(日経メディカル Online:2018年6月28日)。対象者は555人(診療所開業医=143人、診療所勤務医=65人、病院開業医=11人、大学病院勤務医=53人、病院勤務医=283人/30代以下=88人、40代=142人、50代=226人、60代以上=95人)。

 調査によれば、疼痛治療への貢献度が最も高い薬品は、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)の「ロキソプロフェン(ロキソニン)」。効果が高く即効性がある、短期の効果は最強、胃に優しい、胃腸障害が少ないなど、効能が速く、副作用が少ないと評価している。

 ロキソニンは、変形性関節症、慢性関節リウマチ、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、筋肉痛、腰痛、急性上気道炎、歯痛、手術後の鎮痛に適用される。内服剤(錠剤・散剤・液剤)と外用剤(貼付剤・塗布剤)がある(第一三共株式会社:ロキソニン錠60mg・細粒10%/医薬品医療機器総合機構)。

 貢献度2位の「アセトアミノフェン(カロナール)」は、解熱鎮痛薬として小児や高齢者にも使いやすい、用量調節がしやすい、大量に使用できる、腎機能が低下した患者にも使用できると評価。3位の「プレガバリン(リリカ)」は、神経痛がよく治る、神経障害性疼痛のファーストチョイスになると評価。

 4位の非麻薬性オピオイドのトラマドールとアセトアミノフェンの配合剤「トラムセット」は、NSAIDsでコントロール不良な疼痛に有効、非オピオイド系鎮痛薬で治療困難な非がん性の慢性疼痛に効く、麻薬使用までのワンクッションとして使えると評価している。

医師が高く評価するロキソニンの副作用は?

 ロキソニンへの医師の高い評価は傾聴すべきだろうが、副作用はどうなのか?

 医療用医薬品の副作用は、「医薬品添付文書」でチェックできる。だが、薬品の発売後に新たに発覚し、「医薬品添付文書」に追加される副作用を、どのようにチェックできるのだろうか?

 発売後に薬品を処方した患者に副作用が出れば、薬品を製造した製薬会社や処方した医師は、厚労省のPMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)に副作用の事実を報告しなければならない。PMDAは、医薬品と副作用の因果関係の調査、製薬会社への照会を行った後、厚労省は「医薬品添付文書の改訂」を製薬会社に指示する。

 厚労省が「医薬品添付文書の改訂」を製薬会社に指示した医療用医薬品は、同一成分の市販薬(一般用医薬品)も改訂しなければならない。その市販薬は、購入時に同封されている「使用上の注意」の中の「相談すること」という項目に新たな症状が追加される。これが副作用だ。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆