インタビュー「国民健康保険が「未病」を招く? 漢方医学・丁 宗鐵医師に訊く、病気を防ぐ養生術」

国民健康保険が「未病」を招く? 漢方医学・丁 宗鐵医師に訊く、病気を防ぐ養生術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国民健康保険が「未病」を招く? 漢方医学・丁宗鐵医師に訊く、病気を防ぐ養生術の画像1

「未病」のうちに病気を治す「摂養」とは?(depositphotos.com)

 「江戸時代の人たちの健康法を調べていると、今よりも優れていると思う点がたくさんあります。その本質を一言で説明すると『未病のうちに体調を整える』という考え方に集約される」

 不健康な生活を送る現代人こそ、あらためて学ぶ必要がある考え方だと力説するのは、日本薬科大学教授で、日本における「漢方」の第一人者である丁 宗鐵(てい・むねてつ)医師だ。

 東京都中央区の百済診療所で漢方相談を行なう丁医師は、漢方に関する多数の本の著者でもある。その丁医師が、現代人こそ学ぶべきと提唱する「江戸時代の知恵」とは、どのようなものなのだろうか?

養生・摂生・保養が「未病」を防ぐ

 「江戸時代には、目の見えない視覚障害者のために、晴眼者が就けない鍼灸師や按摩師、琵琶法師など、いくつもの職業が指定され、費用をかけない福祉政策がありました。このことからも分かるように、この時代には、さまざまな点で優れた考え方を持っていた社会が実現していたのです」
 
 その代表が「未病」という考え方。丁医師によると、「未病」とは「一見健康そうでもじつは病気に向かっている状態」、「病気に向かっている動的なプロセス」を指す。

 「江戸時代の人は、いつも漢方薬を飲んでいたように思われていますが、それは誤解。薬を飲むのは最終手段でした。では普段は何をしているのか? 『摂養(せつよう)』といって、各人が普段から健康に気を使っていたのです」

 では、「摂養」とは、具体的にどのようなものなのだろう。

 「『摂養』の概念は大きく3つに分かれています。まずは『普段からの養生』、それから『摂生』。食事は腹八分目にするとか、お酒を飲み過ぎないなどですね。そして、最後が『保養』。身体をよく休めるということです」

 これらの考えは、江戸時代の医学者・貝原益軒の書いた『養生訓』などにも記されており、江戸時代の人はこのように自分の健康に気を遣っていたというのだ。

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇