シリーズ「傑物たちの生と死の真実」第31回

奇跡の抗生物質「ペニシリン」の発見から90年! 発見者フレミングは「薬剤耐性菌」の出現を予見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奇跡の抗生物質「ペニシリン」の発見から90年!発見者アレクサンダー・フレミングは「薬剤耐性菌」の出現を予見の画像1

フレミングによって「ペニシリン」が発見されてから90年(写真はwikipediaより)

 人類が生誕したのはいつか? 現生人類(ホモ・サピエンス)の先祖に当たる猿人から原人に進化したのは、およそ300万年前だ。

 以来、絶え間なく続いてきた人類と病原菌との苦闘。夥しい人命を奪ったペスト、チフス、コレラ、スペイン風邪、肺炎、梅毒、敗血症、破傷風などの感染症。何世紀もの間、人類はなすすべがなかった。

 それは世界初の抗生物質「ペニシリン」という「神の使徒」に遭遇するまでは。アレクサンダー・フレミングが奇遇に恵まれるあの瞬間までは――。

奇跡の抗生物質「ペニシリン」の発見の伝説の数々

 19世紀後半、イギリスの外科医ジョゼフ・リスターが消毒薬のフェノール(石炭酸)を発見する。感染症の予防に威力を発揮する。しかしフェノールは、細菌と戦う白血球を破壊し、症状を悪化させる恐れが強い。

 「細胞に作用しない、しかも細菌だけを殺す物質はないだろうか?」――。フレミングの探究心は脳裏を駆け巡る。思い続ければ叶うのだろう。1922年、くしゃみが堪え切れなくなったフレミングの鼻水が、細菌を培養していたシャーレに飛ぶ。翌日、シャーレを見ると、鼻水の周囲だけは細菌が増殖していない。フレミングは、この殺菌成分が、涙、唾液、血清に含まれる分解酵素と推定し「リゾチーム」と名づける。

 だが、細菌学会は「リゾチーム発見」を無視する。というのも、リゾチームは「害のない細菌」を殺菌するだけで、病原性の高いチフス菌、連鎖球菌、肺炎球菌などに無力だったからだ。しかし、フレミングの確信は揺るがない。その後も細菌の培養に心酔し観察に没頭。リゾチームが持つ「抗菌作用」の発見は、やがて奇跡を呼び込む。

 リゾチーム発見から6年後。1928年9月の早朝。ロンドンのセントメアリー病院に勤める細菌学者フレミングは、いつもと同じジャケットを羽織り研究室に向かう。この夏は、ひと月ばかり家族とバカンスに出たおかげで、リフレッシュした気分。久々の仕事だった。研究室に着き、培養していた黄色ブドウ球菌の状態を観察しようとシャーレを見ると、訝しげな表情になる。何が起きたのだろう?

 栄養分を含んだ液を寒天で固めた寒天培地の表面に、病巣から採った液を塗りつければ、黄色ブドウ球菌は、2~3時間で増殖し、肉眼で見える丸い塊(コロニー)を作る。コロニーを採取すれば、黄色ブドウ球菌を純粋培養できる。だが、様々な雑菌が混入して繁殖すれば、汚染(コンタミネーション)が起きるため、純粋培養が妨げられる。

 この時もそうだった。黄色ブドウ球菌を培養していたシャーレに、どこからかアオカビの胞子が忍び込み、繁殖したらしい。しかし、アオカビが生えた周辺だけは、黄色ブドウ球菌が繁殖していない。フレミングの脳裏をリゾチーム発見の記憶が蘇る。

 「アオカビが黄色ブドウ球菌の繁殖を抑えている! この抗菌物質は何だろう? 感染症の治療に使えるかもしれない」

 フレミングは、このアオカビがペニシリウム属に属することから、未知の抗菌物質を「ペニシリン」と命名する。後年、何百万の人命を救う奇跡の妙薬になろうとは、想像すらできない。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆