全国の医療機関の約3割に倒壊の恐れ! 全国ワースト3の自治体はどこ?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
全国の医療機関の約3割に倒壊の恐れ! 全国ワースト3の自治体はどこ?の画像1

耐震性の低い病院に入院中に大地震が来たら?(depositphotos.com)

 熊本地震から1年余り。震度7をもたらした一連の地震による爪痕は深い。街のシンボルである熊本城の崩れた石垣の復旧は遅々として進まず、20万戸に迫る被災住宅の中には解体すら手つかずのものも少なくない。

 病院や診療所なども大きな被害を受けた――。

 熊本県内では、約6割の医療機関が被災し、施設の倒壊やライフラインの断絶などで、1600人余りの患者が退院や転院を余儀なくされた。震災関連死の認定では、そのような病院機能の低下が原因とされた被災者もいる。熊本地震によって、医療機関の平時からの災害への備えが、改めて課題として浮かび上がった。

 この問題は熊本県ばかりではない。先月末までに厚生労働省がまとめた調査によると、全国の医療機関の約3割に当たる2400余りが、耐震性において不十分、または耐震性の診断をしていないことが判明したのだ。

不名誉な全国ワースト3は?

 厚生労働省は、昨年9月1日時点の全国8464病院の耐震改修状況を調査。その結果、耐震性があるとされたのは、全体の71.5%に当たる6050施設だった。

 それ以外の2414病院では、院内の一部の建物で耐震性が低いとされたのが704施設、すべての建物で耐震性が低いとされたのが141施設あった。

さらに旧耐震基準の1981年以前に新築され、耐震診断の義務づけ対象になっているにもかかわらず、「耐震性が不明(耐震性の診断をしていない)」と答えた病院が1569にのぼった。

 またこの調査では、都道府県別の病院の耐震化率の格差も浮き彫りになった。最も高い滋賀県では89.5%、宮城県は88.6%と、9割近くの病院が耐震化されていた。

 それに対して、全国ワーストは京都府の60.0%。福島県61.9%、大阪府62.9%と、全国平均の71.5%を大幅に下回り、上位の自治体よりも30%近く低い結果となった。

 約30%に上る耐震化の進んでいない病院は、建て替えに多額の資金がかかることや、工事期間中は診療に影響が出ることなどを理由に、実現可能な耐震改修を先送りしている可能性がある。厚生労働省は、自治体による補助金制度などを説明するとともに、耐震化を進めるよう呼びかけているという。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘