連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第30回 

100錠以上の向精神薬、催眠薬を服用後に寒冷下で昏睡状態、まさに生死をさまよった40代の男性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
100錠以上の向精神薬、催眠薬を服用後に寒冷下で昏睡状態、まさに生死をさまよった40代の男性の画像1

大量の睡眠薬での自殺企図の行き着くところは?(depositphotos.com)

 数年前の真冬に北海道で体験した出来事。

 生活保護を受けていた40代男性は独居中で、2年前より統合失調症の治療のため精神科外来で向精神薬と催眠薬などの薬物を処方されていた。

 ある寒い夜に自殺企図して、これらの薬(フェノバルビタールやハルシオンなどの催眠薬、テルネリンなどの向精神薬)を、貯金ならぬ貯薬して、合計100錠以上服用した。その後、暖房設備のない台所で5日間、絶飲食状態で寝込んでしまった。

緊急入院で人工透析、27日間入院

 知人がこの男性宅に電話したが、応答がなかったため、不審に思って、家主に連絡して、呼びかけに応答しない男性が発見された。付近には服用薬の空包が多数散乱していたという。

 救急車で病院に搬入されたときの血圧は82/48 mmHg、体温は34.2℃とそれぞれ低下しており、光に対する反応も鈍かった。採血結果では、横紋筋融解症、急性腎不全で高い値を示すCPKが4,710 IU/L(正常値は300以下)、ミオグロビンが7,000 ng/mL(正常値は200以下)、尿素窒素は167.7 mg/dL(正常値は20以下)、クレアチニンが15.3 mg/dL(正常値は1.0 mg/dL以下)と著明に増加していた。

 また血液ガス検査では、体内はかなりの酸性に陥っていたことも判明した。搬送時の患者さんの状態は、横紋筋融解症によって誘発された急性腎不全であった。

 横紋筋融解症とは筋肉の細胞が溶けて壊死が起こり、筋肉成分のCPKやミオグロビンが血液中に流れ出てしまう病気で、特にミオグロビンが腎臓に取り込まれて、尿が出にくくなって、急性腎不全に進展してしまう。症状としては、手足のしびれ感、全身がだるくなり、歩行不能となることもある。また尿の色がワインのような赤褐色に変色する。

 1日尿量は僅か100mLと減少していた。直ちに血液透析を開始したが、腎臓の機能はなかなか回復せず、連日5日間、その後隔日で3回継続施行した。腎臓の機能が完全に回復するのに実に24日を要している。この患者さんは27日間入院して、精神科へ転科となった。

横山隆(よこやま・たかし)

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジスト)、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。1977年、札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長。2015年8月に同病院退職。
専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。
所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。

横山隆の記事一覧

横山隆
<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫