連載「救急医療24時。こんな患者さんがやってきた!」第8回

「急性アルコール中毒」での搬送が実は…… 意識障害と嘔吐の原因は別にあった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eralcohol.jpg

酔っ払って吐いているのだと思ったら……(depositphotos.com)

 急性アルコール中毒で酩酊状態となり、嘔吐を繰り返す患者……。夜中のERでは別に珍しくない光景である。しかし、急性アルコール中毒で来院する患者の中に、時として重大な疾患が隠されている場合がある。

 それは深夜のER、夜中の11時時を過ぎたところであった――。

43歳の男性が急性アルコール中毒

 ERナースが「先生、ウォークインのアル中の患者です」と困ったものだというような顔をしながらERドクターに報告した。

「何歳? 男?女?」
「40代前半の男性みたいですよ」
「この時間に困ったものだね」とERドクターも苦笑いをした。

 43歳の男性が急性アルコール中毒とのことで、患者とは会社の同僚である男性たちとERナースに抱えられて、ストレッチャーの上に乗せられた。酩酊状態のようで、本人と話をすることは無理。ERにアルコール臭が漂ってきた。何回も吐いたのであろう、上着にいっぱい吐物がついている。その酸っぱい匂いが鼻をつく。介助をしていた同僚の服にも、吐物が散っていた。

 患者がストレッチャーの上に乗せられた後、同僚たちは待合に去り、ERナースが患者の着衣を脱がし始めた。ERドクターは、その時に診療していた患者のカルテを書きながら、ERナースが患者の着衣を脱がす姿を横目で見ていた。

「先生、点滴は何で取りますか? 採血はしますか?」
 着衣を脱がし終えた担当のERナースが訊く。
「うん、ソルアセト(酢酸リンゲル液)で点滴をとって、採血もCBCと生化学を取っておいて」
「意識レベルは3桁(昏睡)、血圧が180の100です」
「血圧が高いねぇ。酒のせいかなぁ」とERドクターは首をかしげた。

 ERドクターの態度には、いま診ている患者の診察が落ち着いてから、急性アルコール中毒の患者の診察に取り掛かろう、という雰囲気が漂っていた。急性アルコール中毒の患者に対してすべきことは決まっているし、緊急を要することも滅多にない。ERナースもそのへんはわかっているため、すべきことを淡々とこなしていた。

河野寛幸(こうの・ひろゆき)

福岡記念病院救急科部長。一般社団法人・福岡博多トレーニングセンター理事長。
愛媛県生まれ、1986年、愛媛大学医学部医学科卒。日本救急医学会専門医、日本脳神経外科学会専門医、臨床研修指導医。医学部卒業後、最初の約10年間は脳神経外科医、その後の約20年間は救急医(ER型救急医)として勤務し、「ER型救急システム」を構築する。1990年代後半からはBLS・ACLS(心肺停止・呼吸停止・不整脈・急性冠症候群・脳卒中の初期診療)の救急医学教育にも従事。2011年に一般社団法人・福岡博多トレーニングセンターを設立し理事長として現在に至る。主な著書に、『ニッポンER』(海拓舎)、『心肺停止と不整脈』(日経BP)、『ERで役立つ救急症候学』(CBR)などがある。

河野寛幸の記事一覧

河野寛幸
若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!
インタビュー「目指せフサフサピンピン!男性専門クリニック」第3回・メンズヘルスクリニック東京・小林一広院長

テストステロン(男性ホルモン)の存在に着眼し、AGA(男性型脱毛症)治療、男性皮膚治療、男性更年期、前立腺がんのサポート、男性不妊など、男性の外見や内面の健康に関わる様々な治療を独自の視点から行うメンズヘルスクリニック東京(東京・丸ノ内)の小林一広院長。第3回目は「男性妊活・男性力」について。
第1回AGA治療はコスパが重要~薄毛の悩みを抱える人は1200万人
第2回男性6人に1人が「隠れ更年期障害」! 更年期障害は女性だけの病気じゃない!!

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘