ヨガで血圧が下がる! サッカー・長友佑都選手も実践~再評価でブームが到来か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
125340167.jpg

長友佑都選手も実践、ヨガで血圧が下がる!(shutterstock.com)

 泳いだり、走ったり、散歩や自転車を漕ぐのも億劫な性質ではあるけれども、ヨガや太極拳ならば優雅そうで、意外と向いているのではないか……。

 そう思いつつ今年もいずれかにトライするわけでもなく、暦の残り日数をため息まじりで数えているアナタ。インドはデリー発の次の知見を一読し、多少なりとも思い至る点があれば、これを機に年明け前からヨガに本格挑戦してみてはどうだろうか。

1日1時間のヨガ(ストレッチ・呼吸法・瞑想)で血圧が下がる!

 デリーにあるサー・ガンガラム病院のAshutosh Angrish氏は、先ごろインド国内のコチで開催された「インド心臓病学会(CSI)」年次集会で注目の研究発表を行なった――。

 高血圧リスクをかかえる人の血圧降下に、ヨガが有効である可能性が高いという内容の研究報告だ。

 「血圧がやや高め(=高血圧前症)の患者の場合、そのまま生活習慣を改善しないで過ごせば、やがて高血圧を発症する可能性が高い。この高血圧前症および高血圧に関してはどちらのケースでも心筋梗塞や心不全、あるいは脳卒中のリスクを増大させる点で一緒だ」

 生理的・身体的な修養を軸とし、「力強いヨガ」「ヨガの元祖」とも称されるハタ・ヨガの効用を調べるため、Angrish氏は次のような手順で研究を実施した。

 被験者に選ばれたのは、「血圧がやや高い」という以外は健康的な60人の協力者。そこから無作為に①ハタ・ヨガを実施する組(平均年齢56歳)と、それとは対照的に②従来からの生活習慣改善(中等度の有機酸素運動や健康的な食事、禁煙など)のみを実施する組に振り分けた(後者の平均年齢は52歳)。

 そして、①のグループは1カ月間に渡ってヨガの指導を施され、その後に各自が自宅で1日1時間の実践(ストレッチ・呼吸法・瞑想など)を行なった。

 はたして、①組と②組の健康上の違いは、如実に現われるのだろうか? 3カ月後、双方の陣営が注目した解析結果はこうだった。

 ①のヨガ組には顕著な血圧降下の傾向が読み取れたのに対し、対象群の②組には格別の変化が認められなかった。具体的には、ヨガ組の場合、24時間拡張期血圧および夜間拡張期血圧が約4.5mmHgは降下し、24時間平均動脈圧が約4.9mmHg下がったのである。

眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛