味覚の秋! 「長期休暇」明けはダイエット必至? 食文化の違いを超え 「体重増」は世界共通

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
345769109.jpg

味覚の秋!(shutterstock.com)

 9月、10月、秋の連休が続く。到来した「食欲の秋」を満喫したい方々に、耳寄りな最新の知見を紹介したい。

 とかく暴飲暴食気味となる長期休暇の後、「腹回りの変化」を気にする人は多い。実はこれは、先進諸国共通の傾向であることが示唆されたというのだ。

 長期休暇と肥満率の関係を調べたのは、フィンランドにあるタンペレ工科大学のElina Helander氏らの研究班。アメリカ・ドイツ・日本の3カ国を比較対象に行なわれた彼らの追跡調査は論文にまとめられ、『New England of Medicine』(9月22日号)に掲載された。

どの国でも<休暇の後は体重が増加>

 Helander氏らは、米・独・日の3カ国で計3000人の体重を追跡調査した。参加者の平均年齢はおよそ42歳で、女性よりも男性の比率が高い。

 調査開始当初の各国参加者の肥満率は、アメリカが24%、ドイツが19%、日本が11%だった。

 研究班はまず、いずれの国においても「クリスマス前後の10日間の体重」を記録して、比較検証を行なった。

 次いで、休暇をめぐる各国事情に鑑みて、アメリカ人では感謝祭(Thanksgiving Day)、ドイツ人では復活祭(英語:Easter、独語:Ostern)、日本人ではゴールデンウィーク(GW)の体重変化を追跡。

 すると、クリスマス休暇前後では、食習慣や余暇の過ごし方などの違いも越えて、全3カ国で同様の体重増加が認められた。アメリカ人は体重が平均0.4%増加し、ドイツ人は0.6%、日本人はその中間の0.5%増加が見られたという。

 また、お国事情に即した休暇別の追跡調査からは、休みの期間が長いGW時の日本人が0.3%増加と、ともに平均0.2%増加だった感謝祭のアメリカ人と復活祭のドイツ人を抜いていた。

除菌で虫歯と歯周病を予防する「3DS」~薬を塗ったマウスピースを5分間はめるだけ
インタビュー 口腔内を除菌して全身疾患を予防する「3DS除菌」② 鶴見大学歯学部・探索歯科講座 花田信弘教授/山田秀則助教

第1回:口腔内の雑菌は100億個以上~<除菌治療>が歯周病と生活習慣病を防ぐ!
虫歯や歯周病の原因菌が、生活習慣病を引き起こす発症リスクになることがわかっているため、今後は虫歯や歯周病を直接治療するだけに留まらず、「予防歯科」の必要性が近年ますます高まってくる。鶴見大学歯学部付属病院では、3DSという治療法を用いて、歯科治療のみならず、全身疾患の予防を目的に画期的な専門外科を開設している。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘