「甘酒」は<飲む美容液>~気になる糖質に注意しつつ、ニキビ予防や美肌のアンチエイジング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
382180255.jpg

「甘酒」は「飲む美容液」と言われるほど(shutterstock.com)

 この寒い季節、体を芯(しん)からポカポカと温めてくれる「甘酒」。昔からある、どちらかといえば地味なこの飲み物が、ここ数年注目を集めている。関連商品が数多く登場し、売り上げも上昇しているという。

 その理由のひとつは<飲む美容液>とも言われるほどの栄養価の高さにある。美肌自慢のモデルや女優が愛飲していると、ブログやSNSで打ち明けたこともブームに火を付けた。先日12月5日にはNHK『あさイチ』でも取り上げられ、甘酒を継続して飲むと、肌のきめが整うなどの効果があることが紹介された。

 甘酒の何がそんな美肌効果をもたらすのか――。

 まず肌の機能を活性化させ、保湿効果やハリをもたらすビタミンB群が豊富。さらに代謝を促進しアンチエイジングが期待できる酵素が100種類以上も含まれるため、腸内環境が整い、肌荒れや吹き出物などの肌トラブルも改善される。

 加えて、甘酒にはシミや美白に良いと言われている「コウジ酸」も豊富だ。

目の下のクマを薄くしてニキビ予防にも

 実際、肌の状態を改善する効果を裏付ける研究成果も出ている。甘酒の缶飲料を販売する森永製菓は2015年5月、東京工業大学との共同研究により、甘酒を飲むことで<目の下のクマの改善が見られる>という成果を発表した。

 この研究では女性17名に対して、酒粕と米麹を使った「甘酒飲料」と、甘酒風に味付けした「プラセボ飲料」を飲んでもらった。すると、甘酒を摂取した群は、プラセボを摂取した群に比べて、目の下のクマの明るさの有意な改善が認められたという。

 甘酒の飲用後には、皮膚の表面温度の上昇も見られたことから「血行が促進されて、老廃物の排泄が促進されることで、クマ改善に寄与したのではないか」と、研究を主導した森永製菓の稲垣宏之氏は述べている。

 また今年5月には、甘酒が皮脂を抑制する効果についての研究成果も発表。再び「甘酒飲料」と「プラセボ飲料」を1カ月続けて飲んでもらった試験において、甘酒を摂取した群では明らかに<肌の皮脂量が低下>したという。

 さらに細胞レベルの実験で、皮脂量の低下を促しているのは、甘酒の主成分である「酒粕」と「米麹」であることが判明。このことから、森永製菓と東京工科大学は「甘酒の継続飲用はニキビの発生を防ぐ可能性がある」という結論を導き出している。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘