チョコが「ダイエットの敵」から「アンチエイジングの味方」に~カロリーより「フラバノール」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
242350084.jpg

ダークチョコレートはアンチエイジングの味方なのか?(shutterstock.com)

 1杯の温かいココアが美味しい今日このごろ。共にカカオを原料とするココアやチョコレートが、その美味しさだけでなく、「健康効果」で脚光を浴びていることはご存じの方も多いだろう。

 多くの学術的研究が、高血圧や心血管疾患、認知症などの予防につながると結論づけたことで、チョコレートは一躍「ダイエットの敵」から「アンチエイジングの救世主」へと変貌を遂げた。

 一方で「チョコレートなら何でも良いわけではない」「過剰摂取の害の方が大きい」と指摘する研究者もいて、一体どちらが正しいのかとわからなくなる。

チョコレートの成分「フラバノール」は中性脂肪を下げる

 それについて既存の研究を解析した結果、「チョコレートに含まれるカカオは実際に体によい」という新たな裏づけが得られたという報告が『The Journal of Nutrition』(オンライン版)に9月28日掲載された。

 発表したのは、米ブラウン大学(ロードアイランド州)のXiaochen Lin氏らの研究グループ。Lin氏らは今回、合計1131人の被験者にカカオの成分である「フラバノール」またはプラセボ(偽薬)のいずれかを摂取させた、19件の対照試験をレビューした。

 「フラバノール」とは、カカオに多く含まれる天然ポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を有し、さまざまな健康効果が報告されている。特に最近では、記憶力を改善し、認知症を予防する効果が期待されるとして注目を浴びた。

 米国立衛生研究所(NIH)と製菓企業のマース社による研究、さらには米国心臓協会(AHA)と製薬企業のファイザー社による知見をレビューした結果、カカオフラバノールを含む食品を摂取した群では、中性脂肪の値が低いことが判明。

 また、炎症や血糖値をコントロールする能力の向上が示されたほか、「善玉」コレステロール値にもやや上昇がみられた。

 これらの差は「軽度~中等度」であったものの、統計的に有意だった。また、被験者に肥満その他の健康問題があるなしに関わらず、同じ効果が示されたという。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆