冷水シャワーを浴びてポカポカ、「冷え性」を解消! 自律神経を刺激して<引き締め>で若返り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
174495821.jpg

酷寒の地で寒中水泳は健康法(shutterstock.com)

 9月25日、冬を前に冷え込みが厳しくなってきた英国北部のドルリッジ湾で、毎年恒例のヌーディスト(裸体)イベント、「ノースイースト・スキニー・ディップ(North East Skinny Dip)」が開催された。

 数百人の参加者が、真っ裸で冷たい海に飛び込んで海水浴を楽しんだという。

 このイベントは、自然回帰をテーマにしたチャリティー目的だが、寒い時期にあえて冷水に浸かることは、ひとつの健康法として今、注目されている。寒々しい見た目とは裏腹に、血行促進の効果があり、免疫アップや自律神経の改善を助けるという。

 日本では、寒中水泳や冬の滝行は精神鍛錬の修行として認識されている。ところが、酷寒の地ロシアでは「モルシ(ロシア語でセイウチの意味)」と呼ばれる寒中水泳が愛好されている。世界において、寒中水泳は健康目的で広く受け入れられているのだ。

 さまざまなアンチエイジング法を提唱している南雲吉則医師も、冷水浴に太鼓判を押しているひとり。自宅で簡単にできる「冷水シャワー健康法」を実践しているという。

 自著『20歳若く見えるために私が実践している100の習慣』(中経出版)で、<デトックス効果と代謝の向上で若返り効果がある>と述べ、<抵抗力が高まる>効果も挙げている。

 寒中水泳はそう簡単に実践できないが、南雲医師がオススメする冷水シャワーなら、自宅で簡単にできそうだ。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘