「タトゥー」を入れた日本人の8割以上の人が後悔! <若気の至り>を消す方法とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
443862103.jpg

30〜40代の80%以上の人が、タトゥーを消したいと思っている(shutterstock.com)

 米国の大手世論調査機関「Pew Research Center」が行った調査(2013年7月)によれば、タトゥーを入れている米国人は、全人口のおよそ14%(4500万人)、18〜25歳の36%、26〜40歳の40%だ。男性(19%)より女性(23%)のほうが多い。

 一方、日本人では全人口のおよそ2%がタトゥーを入れているという統計がある(出典:株式会社ヒューマ)。

 なぜ、タトゥーを入れるのだろう? ファッション、アウトロー、人生の迷い、若気の至り?「Tattoo people」と軽蔑を込めたスラングもあるが、低所得者、荒くれ者、反社会性のような偏ったイメージはまだ世間にある。入れる場所も、腕、肩、手の甲、指、胸元、背中、首の後ろ、腰、足首、足の甲などと千差万別だ。

 しかし、米国人の約6人に1人はタトゥーを入れたことを後悔しており、そのうちの11%は、タトゥーを消そうと思っていたり、取り除いた経験があるという統計がある。タトゥーを入れることは、大きな心理的・社会的リスクを負う可能性があるかもしれない。

30〜40代の80%以上の人が「タトゥーを消したい!」

 タトゥーを消したい人が利用する国内最大級のポータルサイト「タトゥー除去の窓口」は、タトゥー除去に関する基礎知識や、除去する前に知っておくべき情報などを提供している。

 サイトによれば、若い頃にタトゥーを入れた30〜40代の80%以上の人が、タトゥーを消したいと思っている。人生で損をしてきた、勢いで入れたのが失敗、入れたけど格好悪いなどの理由で除去を実行する人が多い。

 タトゥー除去の難しさは何だろう? それは、除去すれば傷跡が残る点だ。傷跡を残さずにタトゥーを消せないのだろうか? 皮膚は浅く薄い表皮と分厚い真皮で構成されているが、タトゥーは表皮の一番下の基底層よりもさらに深い真皮層に色素を閉じ込めるので自然消失しない。

 タトゥー除去は、どのように行うのだろう?

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆