居酒屋チェーン店でも糖質制限! 『主治医が見つかる診療所』で亀ドクがコツを伝授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
居酒屋チェーン店でも糖質制限! 『主治医が見つかる診療所』で亀ドクがコツを伝授の画像1

血糖値を上げない居酒屋でのメニューの選び方は?

 6月28日放送予定の『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系、夜7時58分から)のテーマは、「血糖値コントロールでやせて美肌にスペシャル」。

 肥満・糖尿病の改善はもちろん、美肌や血管の老化防止、うつからの脱却など、糖質制限の効果はじつに幅広い。

 今回の番組にゲストとして登場するのが、「亀ドク」こと亀川寛大(かめかわ・かんだい)医師だ。

 亀ドクは熊本市内にある「なごみクリニック」で院長を務めている。外来診療と訪問診療で多忙な中、ファミレスや牛丼屋などに血糖測定器を持参して、食事をしては食後血糖値を測って発表していることで、今、糖質制限の分野で注目を集めている。

 これから暑くなる季節、暑気払いなどの名目で飲みに行く機会も増える。友達や同僚に「ちょっと居酒屋に寄って飲もう」と誘われたときに、「糖質制限中だから、ちょっと……」と断って気まずい思いをしている人も多いのではないだろうか。

 今回は亀ドクに血糖値を上げないお酒の飲み方を教わった。

酒とつまみ8品でも血糖値が上がらない

 糖質制限では、カロリー制限とは異なり、蒸留酒や糖質オフのアルコールはOK。居酒屋については糖質の少ないメニューや味付けが推奨されている。

 では実際に、チェーン店の居酒屋でも糖質制限は可能なのか? 亀ドクは血糖測定値を持って「わたみん家」に向かい、以下のメニューとハイボール飲み放題を調査した。

○亀ドクが注文したメニュー
 ハイボール(8杯換算)
 枝豆
 焼き鳥(塩)
 ふわとろレバーのネギ塩
 サーモンとアボカドのカルパッチョ
 樺太ししゃもの七輪焼
 有機レタスのon玉シーザーサラダ
 スルメイカの炙り刺し
 キャベツ焼き

 もともとビール派で、糖質制限を始めて、専らハイボール派になったという方も多いようだ。ウィスキーを炭酸水で割るのがハイボールだが、ウィスキーの銘柄を選んで好みのハイボールを頂く楽しみもある。

 たとえば、「わたみん家」の飲み放題可能なドリンクメニューのハイボールはトリスハイボール。なぜかジムビームはロックしか注文できないらしい。

 ジムビームのハイボールが飲みたかった亀ドクは、ロックダブルと炭酸水を注文して、自分でハイボールを作った。ダブル4杯なのでハイボールだと8杯換算。

 つまみは肉・魚などのタンパク質が中心だ。焼き鳥の味付けは、タレではなく塩を選択。サラダなどはドレッシングやソースを抜く。もちろん、フライドポテトや麺・ご飯類は注文しない。

 チェーン店の居酒屋では、一見お得な飲み放題付きのコース料理には、ポテトやピザ、しめの麺類・ご飯類などの炭水化物、アイスクリームなどのデザートといった、糖質制限者としては避けたいメニューが多い。

 糖質の多いメニューだけを残すのは食事のマナー的にNGのため、特に少人数の飲み会の場合、料理は単品で頼むほうがよい。

 亀ドクが自身の血糖値を測定し、食前と比較した食後の血糖値の上昇幅(食後血糖値-食前血糖値)は以下のとおりだった。

15分: 4mg/dL
30分: 6mg/dL
45分:-3mg/dL
60分: 8mg/dL
90分: 3mg/dL
120分:5mg/dL

 血糖値の最大上昇幅は8mg/dL(60分後)。「血糖値の上昇はまったくなかったと考えられます」と亀ドクは語る。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆