外出先で手洗いができない場合はどうするのがベスト?屋外の食事で食中毒予防する方法

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
屋外での食事で「食中毒」を予防するには? 手洗いができない場合は「除菌剤」を使おうの画像1

アウトドアでの食事に除菌シートをうまく活用するには?(depositphotos.com)

 東京は花見シーズンは過ぎたが、季節はまさに春爛漫。もうじきゴールデンウィークもやってくる。家族や気の合う仲間とドライブやハイキングに繰り出して、外でおいしいものを飲み食いする機会も増える。

 ところで、屋外で食事をする時、あなたは「きちんと手を洗う」派だろうか。行楽地は、不特定多数の人がベタベタ触る場所も多い。風で飛ばされてくる土埃にも晒されている。たぶん、食事前の手や指は雑菌だらけだろう。

屋外では「食べる前に手を拭くだけ」が約9割

 今年3月、無添加石けんを製造販売するシャボン玉石けん株式会社(福岡県北九州市)が、10代から70代の男女653名を対象に「花見やGWの行楽での手洗いに関する意識調査」を実施した。

 その結果、「屋外での飲食時、手指の雑菌や汚れが気になる」と答えた人は81%にのぼった。にもかかわらず、屋外での飲食前に石けんやハンドソープを使った手洗いを「まったくしていない」または「しない場合が多い」が、全体の6割を超えたという。

 では実際に、飲食前の手洗いはどうしているかと尋ねたところ、88%の人が「ウエットティッシュやおしぼりで手を拭く」ことで、簡易的に済ませていると回答。

 また、石けんやハンドソープを使った手洗いをしない理由については、「手洗い場が少ない」「面倒」「持ち運びが大変」といった回答があったという。

 これは屋外レジャーの衛生面を考えると、いささか不安だ。特に抵抗力の弱い子どもやお年寄りがいる場合は、食中毒のリスクも高い。できればもう少し気を使いたいところである。

 実際に「屋外でも石けんやハンドソープで手を洗いたい」「持ち運びに便利な商品があったら使ってみたい」と回答した人も約80%に達したという。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆