連載「肥満解読~痩せられないループから抜け出す正しい方法」第20回

妊娠中の安全な糖質制限への取り組み方は人それぞれ!自分のタイプを知る6つのポイント

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20:妊娠中の安全な糖質制限への取り組み方は人それぞれ!自分のタイプを知る6つのポイントの画像1

妊娠中の安全な糖質制限への取り組み方は人それぞれ(depositphotos.com)

 「長鎖脂肪酸代謝」に必要な酵素にヘテロの遺伝子変異のある方(保因者)が、理論上、日本人の場合は92人に1人かそれ以上いる可能性がある――。

 これらのヘテロ変異の方は、厳しい糖質制限が向いていない可能性があります。特に妊娠中は、母親の肝臓への負荷が増えるので向いていない可能性があります。妊娠初期の重症悪阻(つわり)の症状が大変強い人は、そのヘテロ変異を持っている可能性があるのです(仮説です)。

 さらに、父親もヘテロ変異を持っていて、お腹の赤ちゃんがホモ変異だった場合には、妊娠脂肪肝などの危険な妊娠合併症が起こるかもしれな。その場合、糖質制限は、その症状を増悪させる可能性があります(仮説です)。

 以上のように、前回の記事では、かなり難しい問題について説明させていただきました。では、そのような方の存在を考慮した場合、妊娠中には糖質制限にどのように取り組めばいいのでしょうか?

妊娠中の食事の糖質制限は体調を見ながら変えていく

 ヘルスプレスの以前の記事で「妊娠中の糖質制限は理論的には問題ない」と私は書きました(参考:妊娠中に糖質制限して大丈夫?「つわり」のメカニズムと糖質制限の安全性)それは脂肪酸代謝機能に問題がない方々を前提として考えた場合です。

 しかし、長鎖脂肪酸代謝に関わる酵素に、ヘテロの遺伝子変異のある保因者の方々が、日本人でも92人に1人程度はいる可能性があるとすれば、妊娠中の食事はどうすればいいのでしょうか? 糖質制限はすべきではないのでしょうか?

 いいえ、それでも妊娠中の糖質の摂りすぎや頻回の食後高血糖は回避すべきです。できるだけそうならない糖質摂取に努めるべきで、私は以下のように思います。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子